高エネルギー宇宙線研究部門

高エネルギー宇宙線研究部門

テレスコープ・アレイ実験

最高エネルギー宇宙線を探索するために、アメリカのユタ州に宇宙線望遠鏡を設置しました。

高エネルギー宇宙線研究部門

チェレンコフ宇宙ガンマ線

宇宙にはガンマ線を放射する天体が多数あり、それを放射する非常に高エネルギーの粒子を生成する天然の加速器が存在しています。 しかし、加速される過程や天体の性質はまだまだ解明されていません。

高エネルギー宇宙線研究部門

チベット ASγ 実験

チベット高原に設置した空気シャワー観測装置を用い、高エネルギーガンマ線、超高エネルギー宇宙線、太陽フレアー等を探索しています。

高エネルギー宇宙線研究部門

高エネルギー天体

理論的手法により、宇宙線粒子の起源となるさまざまな高エネルギー天体現象の謎に迫ることを目的としています。

高エネルギー宇宙線研究部門

ALPACA実験

南半球で初めて超高エネルギー宇宙ガンマ線を、世界最高感度で広視野連続観測することを主目的とする計画です。

教員の紹介

Katsuaki ASANO

准教授

Hiroyuki SAGAWA

教授 (副所長)

Takashi SAKO

准教授

Masato TAKITA

教授

Masahiro TESHIMA 

教授

Takanori YOSHIKOSHI

准教授