01

概要

来年の春に大学4年生になる理系の学生が、
宇宙・素粒子研究の醍醐味を体験するプログラムです。
インターンシップのように、宇宙線研究所に5日間泊まりながら
研究に没頭できます。

日時

2018年3月6日(火)〜10日(土)

場所

東京大学宇宙線研究所
(千葉県柏市柏の葉5−1−5)

 Access 

参加費

飲食費のみ(宿泊費は無料)

対象

2018年度から4年生になる大学生
(宇宙・素粒子の研究を志す学生)
定員は30人ほど

お申込み

先着順です。
2017年12月15日(金)昼12時から
このサイトで募集を開始します。
※先着順で選考し、お断りする場合もあります。
詳しくはページ下部のFAQをご覧ください。

主催

東京大学宇宙線研究所 
協力:宇宙線研究者会議(CRC)

02

内容

講義・最先端研究

最前線の宇宙物理学や素粒子物理学に携わる研究者たちが登壇します。講義の後には、昼食も忘れて1時間近く質問が続くことも。

 昨年の講義スライド 

プロジェクト研究

ニュートリノや重力波、高エネルギーガンマ線など6つのグループに分かれて、模擬実験を体験します。最終日には実験成果を発表し、優勝チームには賞状と記念品が贈られます。

 昨年の発表スライド 

Graduation Party

すべてのプログラムが終わった後は、盛大なパーティでイベントを締めくくります。実験に共に励んだ仲間や、お世話になった先輩の研究者たちと交流を深めます。

 昨年のようす 
03

Time Table

04

FAQ

先着順で30人の参加者を募ります。応募は12月15日(金)の昼12時から、このサイトで開始します。

先着順としていますが、以下の基準に基き「先着順に選考」させていただき、お断りする場合もございます。予めご了承ください。

・参加者の所属大学が偏らないように、より多くの大学から参加してもらう
・しっかりした志望動機を持っている
対象は来年春に4年生になる大学生です。スプリングスクールは大学3年生レベルの知識を想定して組まれているため、学年を限定しています。ぜひ3年生になられましたらご応募ください。
参加者全員の宿泊施設を確保しています。宿泊費用は宇宙線研究所が負担いたします。宿泊施設はキャンパス近隣の県民プラザ、もしくはキャンパス内にある柏ゲストハウスです。相部屋になる可能性もありますので予めご了承ください。

※参加者全員の宿泊を基本としますが、ご自宅からの通学をご希望する場合は、申し込みのときにその旨をご指定ください。
交通費は支給されません。
05

Contact us