01

概要

来年の春に大学4年生になる理系の学生が、
宇宙・素粒子研究の現場を体験するプログラムです。
インターンシップのように、宇宙線研究所で4泊5日を過ごし、
宇宙の謎を解き明かす研究の魅力に迫ります。

日時  

2019年3月5日(火)〜9日(土)

場所  

東京大学宇宙線研究所 アクセス

参加費 

交通費・飲食費のみ(宿泊費は無料)

対象  

2019年度から4年生になる大学生(宇宙・素粒子の研究を志す学生)

定員  

30人ほど

お申込み

2018年12月3日から10日まで。6つのプロジェクト研究のうち、第1〜第3希望までを選び、志望動機(500字以内)を記載してください。申し込みは締め切りました。たくさんの応募をありがとうございました。

主催  

東京大学宇宙線研究所

02

内容

講義・最先端研究

最前線の宇宙物理学や素粒子物理学に携わる研究者たちが登壇します。講義の後には、昼食も忘れて1時間近く質問が続くことも。

 2018年の講義スライド 

プロジェクト研究

ニュートリノや重力波、高エネルギーガンマ線など6つのグループに分かれて、模擬実験を体験します。最終日には実験成果を発表し、優勝チームには賞状と記念品が贈られます。

 2019年の内容 

Graduation Party

すべてのプログラムが終わった後は、盛大なパーティでイベントを締めくくります。実験に共に励んだ仲間や、お世話になった先輩の研究者たちと交流を深めます。

 2018年のPhoto 
03

Time Table

04

FAQ

応募の受付は、12月3日(月)から10日(月)まで、このサイトからリンクしたページで実施します。

今年は先着順ではなく、申し込み時に記載した第1〜第3希望のプロジェクト研究ごとに、志望動機(500文字以内)などを検討し、選考いたします。6つの研究プロジェクトの内容をよくお読みいただき、第1希望から第3希望のプロジェクト研究を選び、志望動機をご記入ください。

・第1希望だけ、または第1、第2希望だけの記載も可能です。
・希望した以外のプロジェクト研究に選ばれても可という方は、「希望に挙げた以外のプロジェクトでも、参加を希望する」にチェックを入れてください。
・志望動機は500文字以内にご記載ください。
・12月中に選考の結果をお知らせします。
全国の幅広い国公立、私立大学の3年生に参加をいただいています。
対象は来年春に4年生になる大学生です。スプリングスクールは大学3年生レベルの知識を想定して組まれているため、学年を限定しています。ぜひ3年生になられましたらご応募ください。
スプリングスクール の講義や各プロジェクト研究は、一般的な大学における物理学科3年次相当のカリキュラムを終えていることを前提に行います。

具体的には、物理学としては、力学、電磁気学、熱力学、特殊相対性理論、量子力学、統計力学です。また、数学としては、線形代数、微分積分、統計学、物理数学。さらに、C言語など基礎プログラミングの経験に加え、簡単なUNIXコマンドが使えることが望ましいです。

以上のような幅広い専門知識があることが望ましいですが、プロジェクト研究に必要な専門知識はその場で説明するため、分からないことがあってもついていけるように設定されています。
とくに見学の時間帯は設けられていませんが、空き時間などに、オープンキャンパス時などに一般公開される6階展示コーナーをご覧いただき、直接尋ねていただくくことはできます。
参加者全員の宿泊施設を確保しています。宿泊費用は宇宙線研究所が負担いたします。宿泊施設はキャンパス内にある柏ゲストハウスと、柏の葉キャンパス駅前の三井ガーデンホテル柏の葉です。どちらにもランドリー設備があり、部屋のお風呂にはシャンプー、ボディソープなどもあります。ただし、相部屋になる可能性もありますので予めご了承ください。

2月半ばまでなら宿泊予約の変更は可能です。

※参加者全員の宿泊を基本としますが、ご自宅からの通学をご希望する場合は、申し込みのときにその旨をご指定ください。
食事は基本的に学食などをご利用いただきますので、ご自分で選択が可能です。懇親会などに参加される場合には、軽食が提供されますが、あらかじめご相談いただければ、できる範囲で対処いたします。
交通費は支給されません。
05

Contact us