High Energy Astrophysics Group

ICRR, the University of Tokyo

メンバー

セミナー

研究会

研究紹介

高エネルギー天体グループについて Our Group

「高エネルギー天体」グループは、宇宙線研究所に平成21年12月に設立されたグループで、主として理論的手法により、宇宙線粒子の起源となるさまざまな高エネルギー天体現象の謎に迫ることを目的としています。

宇宙にはほとんど光速で飛び回っている相対論的な粒子が存在しています。それらの一部は宇宙線として観測されることもあれば、X線やガンマ線を放つことで、間接的にその存在が知られているものもあります。相対論的粒子は爆発的な高エネルギー天体現象に伴い、生成されていると考えられていますが、その詳細はまだわかっていません。相対論的なジェットの形成、粒子の加速、放射過程など様々な謎に満ちた高エネルギー天体現象を解明するため、 電磁波、宇宙線、ニュートリノ、そして重力波といった観点から研究を行うのが、我々のグループの主な活動となっています。

High Energy Astrophysics Group

High Energy Astrophysics Group was established December 2009. We study various high-energy astrophysical objects, which are sources of cosmic rays, via mainly theoretical method. In our universe, relativistic particles are traveling with almost the speed of light. Some of such particles are detected as cosmic rays, and others are indirectly confirmed by observations of X-rays or gamma-rays. The relativistic particles are considered to be produced in high-energy astrophysical objects, but the production mechanism is still unknown. Our main purpose is to reveal high-energy astrophysical phenomena, such as formation of relativistic jets, particle acceleration, and emission mechanism, with electromagnetic radiaion, cosmic rays, neutrinos and gravitational waves.