森山 茂栄

宇宙ニュートリノ研究部門

プロフィール

森山 茂栄

MORIYAMA, Shigetaka

森山 茂栄

教授

研究テーマ「宇宙暗黒物質とニュートリノ・陽子崩壊の研究」

 本研究室は、宇宙と物質の成り立ちを、物質の根源的な構成粒子である素粒子に基づいて理解する研究を進めています。ここでは、二つの研究対象、宇宙暗黒物質とニュートリノを研究することにより、その目標に迫ろうとしています。
 宇宙暗黒物質とは何を指すのでしょうか。天文学や宇宙論的な観測により、現在の宇宙には我々の良く知っている原子や分子以外に、未知の物質である暗黒物質がその5倍から6倍もあることが分かっています。我々の身の回りにも飛び回っていて、今の体を突き抜けていると思われていますが、今までだれも重力の相互作用以外でこれを観測したことがありません。もしこの暗黒物質が素粒子であり、実験室で捉えられれば大発見です。さらに性質を調べることにより加速器を用いた素粒子実験と競い合い、宇宙を記述する根本原理にせまる研究ができると期待しています。このため、本研究室では、暗黒物質を実験室で検出することを目標に研究を進めています。具体的にはイタリアで推進されている世界最⾼感度が期待されているXENONnT 実験を推進し、さらにその先にはより⾼感度の装置を建設し新素粒⼦とその背景にある物理を研究したいと考えています。
 ニュートリノは近年⾮常に詳しく研究が進められている素粒⼦の⼀つです。質量があることが分かり、3種類あるニュートリノ同⼠で振動する現象が⾒つかっています。本研究室は、ハイパーカミオカンデを強く推進しており、現⾏のスーパーカミオカンデやT2K実験にも参加しています。ハイパーカミオカンデは、ノーベル賞を受賞した2つの成果を果たしたカミオカンデ、スーパーカミオカンデが進化した装置です。ニュートリノは宇宙や物質の成り⽴ちに⼤きな役割を果たしていると思われていますが、どのような性質が宇宙の運命を左右してきたのかはっきりさせることを⽬標としています。例えば、何故宇宙が物質で出来ており反物質は殆どないように⾒えるのかといった疑問や、ニュートリノが何故他の素粒⼦に⽐べて軽いのかといった問題にこたえる研究を進めたいと考えています。また、同時に研究できる陽⼦崩壊の発⾒は、暗⿊物質の発⾒とともに世界をひっくり返すような発⾒になるはずです。
 このような研究では、期待を超えた不思議なことが⾒つかるかもしれません。歴史的にはニュートリノ振動の発⾒はまさにその⼀つです。これも最先端の研究の魅⼒ですね。参考のために、現在の研究分野紹介のページのフォーマットをご覧下さい。参考のために、現在の研究分野紹介のページのフォーマットをご覧下さい。

XMASS実験グループ
個人のページ