人事公募

    東京大学宇宙線研究所 技能補佐員(短時間勤務有期雇用教職員)
    2022年6月1日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所 技能補佐員(短時間勤務有期雇用教職員) 1名
    ・業務内容 : 鈴蘭連絡所及び乗鞍観測所における施設維持管理業務補助。鈴蘭連絡所においては、施設内の清掃、施設周辺の草刈り・除雪、各種設備の維持管理、乗鞍観測所への物資の運搬等。乗鞍観測所においては、施設内の清掃、自家発電設備ほか各種設備の維持及び運転管理等。
    ・応募資格 :
    1)東京大学の公共性を自覚し、使命感を持って働ける方
    2)協調性があり、チームワークを尊重できる方
    3)普通自動車運転免許をお持ちの方
    4)パソコンを使って電子メールの送受信ができる方
    5)刈払機取扱作業者安全衛生教育の修了者
    6)施設管理の経験があれば望ましい。
  • 締切: 2022 年6 月24 日(金)必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 用務補佐員
    2022年5月30日
  • 職種: 東京大学 宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 用務補佐員(東京大学短時間勤務有期雇用教職員) 1人
     重力波観測研究施設では、宿泊エリアの清掃業務(フロア・ランドリー清掃、各客室のルームメイクなど)などを行っていただける方を募集します。
    応募資格: 自家用車通勤が可能な方が望ましい。
  • 締切: 2022年6月24日(金)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 特任助教
    2022年5月26日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 特任助教 若干名
    職務内容(専門分野)等 : 重力波観測研究施設ではLIGO やVirgo との国際共同観測の準備を進めています。そのため、レーザー干渉計の制御ソフトウェア開発や干渉計診断等の重要な役割を担い、かつ、データ解析もおこなう特任助教を広く求めます。なお、KAGRA の安全衛生管理も担当してもらう予定です。
    応募資格 : 雇用の時点で博士号を取得しているか、確実に取得できる見込みの者。
  • 締切: 2022年7月29日(金)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所 特任研究員 (プロジェクト研究員)
    2022年5月26日
  • 職種: 東京大学 宇宙線研究所 特任研究員 (プロジェクト研究員)  若干名
    研究分野 : 重力波観測研究施設では大型低温重力波望遠鏡KAGRA の本格的な国際共同観測に向けた整備を進めています。ここでは、レーザー干渉計の制御、コミッショニング、干渉計診断が重要で、これらを効率よく組み合わせることが必要です。この役割を担う特任研究員を広く求めます。重力波研究の経験は問いませんが、特に、光学実験の経験を持つ方の応募を期待します。
    応募資格等 : 雇用の時点で博士号を取得しているか、確実に取得できる見込みの者。
  • 締切: 2022年7月29日(金)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所 附属神岡宇宙素粒子研究施設 特任助教
    2022年5月26日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所附属 神岡宇宙素粒子研究施設 特任助教 若干名
    職務内容(専門分野)等 : 本研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設に所属し、スーパーカミオカンデを用いた宇宙素粒子研究の推進およびハイパーカミオカンデ検出器の建設に従事してもらいます。
    応募資格 : 雇用の時点で博士号を取得しているか、確実に取得できる見込みの者。性別・国籍・研究経歴によらず、広く関連する研究分野から活発な応募を期待します。
  • 締切: 2022年7月29日(金)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    宇宙線研究所で受け入れを想定する令和4年度「東京大学卓越研究員(公募型)」について
    すでに公募中
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所 助教
     現在、令和4年度「東京大学卓越研究員(公募型)」の公募が東京大学で行われております。本公募について、宇宙線研究所では下記の条件を満たす方々の応募を歓迎いたします。ただし、これらの条件を満たした方々を人事選考するということであり、必ずしも採用するということではありません。また、最終の選考は東大本部においてなされます。
    ・求める人材:本研究所は、国際共同利用・共同研究拠点として、大学の研究室などでは整備することが困難な中大型の宇宙線関連の装置や施設を整備し、国内外の研究者に研究の機会を提供し、共同で研究をおこなっています。本公募により採用された方には、この趣旨をご理解いただき、ご自身の研究の遂行と共に積極的に本研究所の活動を支えていただくことを期待しています。
    ・専門分野:スーパーカミオカンデ、ハイパーカミオカンデ、KAGRA、CTA のどれかの研究プロジェクトに参加していただきます。(スーパーカミオカンデとハイパーカミオカンデについては両方に参加可能です。)
    ・本学の「部局女性人事加速5 ヵ年計画」に基づき、本研究所では女性研究者活躍の促進が急務と考えており、特に女性の応募を歓迎いたします。また応募者の国籍は問いません。
    ・応募資格 : 博士の学位を有する者(同等の能力を有する者を含む。)
  • 締切: 2022年6月27日(月)17時必着 (応募登録は20日17時まで)
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所 准教授 1名
    2022年5月16日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所 准教授 1名
     大型低温重力波望遠鏡KAGRA は初期観測を終え、現在、LIGO やVirgo との国際共同観測を実行するための準備を進めています。今後は、重力波天文学に貢献するために観測とアップグレード作業を繰り返してゆきます。国際共同観測の成果が効果的に得られるようにLIGO やVirgo と共同で観測スケジュールを設定し、並行して、それに向けたKAGRA の観測体制を整備してゆく必要があります。この役割を中核となって担当し、KAGRA による科学成果を生み出すことを担う准教授1名を広く求めます。また、本准教授には重力波観測研究施設の運営にも関わっていただきます。
    応募資格 : 雇用の時点で博士号を取得していること。
  • 締切: 2022年7月22日(金)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 学術専門職員(特定有期雇用教職員)
    2022年5月16日
  • 職種: 東京大学 宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 学術専門職員(特定有期雇用教職員) 1名
     重力波観測研究施設では、卓越した技術力と高度な調整能力を持ち、また、大型低温重力波望遠鏡KAGRAの高度化(機械、電気、光学、計算機)に係る業務を行っていただける方を募集します。
     応募資格は以下の通りです。
    1)大型低温重力波望遠鏡KAGRAプロジェクトの概要を十分に理解し、特にKAGRAの高度化(機械、電気、光学、計算機)に係る業務を行うための専門技術を持っている方
    2)重力波施設教職員と円滑なコミュニケーションがとれる方
    3)東京大学の公共性を自覚し、使命感を持って働ける方
    4)協調性があり、チームワークを尊重できる方
    5)主体性があり、業務の改善に意欲的な方
  • 締切: 2022年7月4日(月)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)