人事公募

    東京大学宇宙線研究所 特任研究員 (プロジェクト研究員)
    2021年10月21日
  • 職種: 東京大学 宇宙線研究所 特任研究員 (プロジェクト研究員) 1名
     米国ユタ州に設置されたテレスコープアレイ実験(TA 実験)では、観測のエネルギーのしきい値を10 の17 乗電子ボルト以下に下げるTALE ハイブリッド観測装置を追加設置して、その運用を2018 年から継続しています。現在、エネルギーしきい値をさらに一桁下げるべく地表検出器を追加設置するTALE infill 地表検出器(SD)アレイの建設を進めています。そこで以下の役割を担い、超高エネルギー宇宙線物理の研究に従事する特任研究員を広く求めます。
     - TALE infill SD アレイの建設・運用
     - TALEおよび関連する実験の運用
     - TALE infill SD アレイと関連する実験のデータ解析
    応募資格 : 雇用の時点で博士号を取得している者
  • 締切: 2021年12月20日(月)12時必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所 特任研究員(研究所研究員・ICRRフェロー)
    2021年10月21日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所付属 研究所研究員 若干名(うち2 名以内をICRR フェローとして雇用予定)
     宇宙線研究所で行われている広い意味の宇宙線の実験的・観測的研究を本研究所教員とともに遂行してくださる方を広く募集します。それとともに理論的研究を本研究所教員とともに遂行してくださる方も募集します。
    応募資格等 : 雇用の時点で博士号を取得しているか、確実に取得できる見込みの者。性別・国籍・研究経歴によらず、広く関連する研究分野から活発な応募を期待します。
  • 締切: 2021年12月16日(木)17時必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所 特任研究員(プロジェクト研究員)
    2021 年10月21日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所 特任研究員(プロジェクト研究員) 若干名
     KAGRA プロジェクトにおいて、KAGRA の国際共同観測とそのデータ解析に従事する。具体的な職務内容は,重力波信号の探索とパラメータ推定、干渉計データの雑音特性評価、低遅延アラートシステム開発運用、関連するソフトウエア開発と計算機システムの管理運用などの中から相談の上決定する。
    応募資格 : 雇用の時点で博士号を取得しているか、確実に取得できる見込みの者。
  • 締切: 2021年12月21日(火)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所附属重力波観測研究施設 教授
    2021年10月20日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 教授 1名
     東京大学宇宙線研究所附属重力波観測研究施設に所属し、KAGRA 検出器の技術面について国際共同研究グループを取りまとめ、観測・運用に責任をもってあたる方を求めます。それと並行して、KAGRA が国際共同観測を世界的に行う際に、国際的な共同観測の議論で主導的な役割を担うことが必要です。また、教育にも注力し、重力波研究を推進していただきます。さらに、重力波観測研究施設の運営にも中核的立場で参画していただきます。
     応募資格 : 博士号を持つこと。
  • 締切: 2021年12月20日(月)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所附属重力波観測研究施設 学術専門職員(特定有期雇用教職員)
    2021年10月11日
  • 職種: 東京大学宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 学術専門職員(特定有期雇用教職員) 1名
     重力波観測研究施設では、英語を含めて優れたコミュニケーション能力を持ち、KAGRA広報活動等を行っていただける方を募集します。
     応募資格は以下の通り。
    1)大型低温重力波望遠鏡 KAGRAプロジェクトを十分に理解していること。
    2)英語による会話や文書作成、広報資料の作成ができること。
    3)重力波施設教職員と円滑なコミュニケーションがとれること。
    4)東京大学の公共性を自覚し、使命感を持って働ける方。
    5)協調性があり、チームワークを尊重できる方。
  • 締切: 2021年11月1日(月)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 特任助教
    2021年9月22日
  • 職種: 東京大学 宇宙線研究所附属 重力波観測研究施設 特任助教 若干名
     重力波観測研究施設では大型低温重力波望遠鏡KAGRAのLIGOやVirgoとの国際共同観測を進めていきます。そのためにレーザー干渉計の制御方法やコミッショニング、また感度較正等に精通した研究者が必要です。この重要な役割を担う特任助教を広く求めます。具体的には、レーザー干渉計の制御ソフトウェア作成、干渉計感度を較正する手法の確立とその実装等が職務となります。なお、KAGRA の安全衛生管理も担当してもらう予定です。
    応募資格: 雇用の時点で博士号を取得しているか、確実に取得できる見込みの者。
  • 締切: 2021年11月24日(水)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)
    東京大学宇宙線研究所附属 神岡宇宙素粒子研究施設(スーパーカミオカンデ等) 用務補佐員(給食)
    2021年9月21日
  • 職種: 東京大学 宇宙線研究所附属 神岡宇宙素粒子研究施設 用務補佐員(給食) 1名
     神岡宇宙素粒子研究施(岐阜県飛騨市)で勤務していただける用務補佐員を募集します。業務内容は、食堂での 給食提供業務(調理、配膳等)です。
  • 締切: 2021年10月28日(木)正午必着
  • 詳細: こちら(PDF)