本文へスキップ

研究サポート室は、研究者の皆様が十分な研究時間を確保できるようにお手伝いします。

宇宙線研究所

外部資金情報 Funding Information

適当な研究助成金をお探しの場合は、研究サポート室までご相談ください。
科研費応募前の相談、レビューも行っておりますので、希望される方はお申し出ください。    

公募中の研究助成プログラム一覧

下記一覧への応募をご希望の場合は、宇宙線研究所予算・決算係までご連絡ください。
     
フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞


〆切:2019/1/10
日本とドイツの文化と社会の相互理解に貢献し、学問上優れた業績をあげている日本の研究者。年齢制限をはずして再募集中。
〇賞金;5万ユーロ、ドイツにおける1年間の研究滞在に招待
〇提出書類;①推薦状(総長名)②履歴書③出版物を網羅したリスト④研究業績ならびに日独の文化・社会への相互理解促進に対する貢献事項 ⑤第三者の評価意見書

https://www.ut-portal.u-tokyo.ac.jp/notice/index.php?category=121#notice3
(本部からの通知メールはまだありません)
三菱財団自然科学研究助成


〆切:2019/2/6PM5:00
自然科学の全ての分野の研究に対して助成する。原則として、一つのテーマとして独立した個人研究(但し少数グループによる研究も含む)を対象とする。
〇助成金額:(一般助成)1件当り2千万円以内、(若手助成)一律400万円
〇助成総額3億3千万
〇助成期間:原則1年
〇面接日:2019年年5月30日(木)、5月31日(金)を予定
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html
(本部からの通知メールはまだありません)
H31日中韓フォーサイト事業


〆切:2019/1/8
日・中・韓の研究機関が連携して世界トップレベルの学術研究、地域共通の課題解決に資する研究及び若手研究者の育成を行い、アジアに世界的水準の研究拠点を構築。
〇対象:本年度の対象分野は「21世紀の原子核物理学」 ○対象国:日・中・韓の3カ国による交流を対象 〇経費:5年間で5,000万円以内(予定)
http://www.jsps.go.jp/j-foresight/01_boshuyoko.html
((メール送信;2018/11/13)     
山田科学振興財団
2019年度研究援助推薦


財団〆切:2019/2/22
依頼した学会からの推薦により、自然科学の基礎的研究に対して研究費の援助する。推薦に際しては、次記を考慮のこと。
1) 萌芽的・独創的研究 2) 新規研究グループで実施される研究 3) 学際性、国際性の観点からみて優れた研究 4) 国際協力研究
http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html
援助額は1件当たり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
(本部からの周知メールはまだありません)     
山田科学振興財団


財団に直接申請
2021年度開催予定の自然科学の基礎的分野における国際学術集会の主たる開催費を援助する。援助額:800万円以内。

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kokusai.html

(〆切:2019年2月22日、事前に予算決算係にご相談ください)
H30 JSPS外国人特別研究員
(一般・欧米短期)








H30 JSPS外国人招へい研究者
(長期・短期・短期S)






〆切:右欄に記載      
【外国人特別研究員(一般・欧米短期)】諸外国の若手研究者に対し、我が国の大学等において日本側受入研究者の指導のもとに共同して研究に従事する機会を提供する。
http://www.jsps.go.jp/j-fellow/j-fellow_14/31_boshuyoko_h30.html
外国人特別研究員          第1回 平成30年8月13日(月)
                第2回 平成31年4月 1日(月)
外国人特別研究員(欧米短期)  第1回 平成30年9月 7日(金)
                    第2回 平成30年12月7日(金)
                  第3回 平成31年3月 5日(火)
                  第4回 平成31年5月 7日(火)

【外国人招へい研究者(長期・短期・短期S)】学術の国際協力を推進するため、外国人研究者を日本に招へいする。
http://www.jsps.go.jp/j-inv/29/index.html
外国人招へい研究者(長期)   平成30年7月26日(木)
外国人招へい研究者 (短期)  第1回 平成30年7月26日(木)
                第2回 平成31年3月21日(木)
外国人招へい研究者(短期S)  第1回 平成30年8月16日(木)
                第2回 平成31年4月 3日(水)

(メール送信;2018/5/11)
JST未来社会創造事業
テーマ提案募集


通年受付中
重点公募テーマの設定に向けて、文科省が設定した以下4つの領域に基づいて「社会・産業が望む新たな価値」の提案を募ります。どなたでも提案いただけます。
①「超スマート社会の実現」
②「持続可能な社会の実現」
③「世界一の安全・安心社会の実現」
④「地球規模課題である低炭素社会の実現」
http://www.jst.go.jp/mirai/jp/application/idea/index.html

2017年3月7日以降に受領した提案は平成30年度以降の重点公募テーマ検討の対象とします。
JSPS外国人特別研究員
(一般、欧米短期)
※海外推薦機関経由

〆切:各推薦機関による
諸外国の博士課程取得直後の若手研究者に対して、日本側受入研究者の指導のもと、共同して研究する機会を提供

http://www.jsps.go.jp/j-fellow/fellow/suisenkn.html
※相手国推薦機関のページ内で、”Japan”もしくは”JSPS”を検索すると、該当する情報ページに行くことができます。

制度について

科学研究費助成事業
各種制度と手続きの概要(所内のみ)
※最新情報は予算・決算係にご確認ください。
H30競争的資金の概要・科研費について・研究計画調書作成の手引き(所内のみ)
卓越研究員事業
新たな研究領域に挑戦するような若手研究者が、安定かつ自立して研究を推進できる環境を実現するとともに、全国の産学官の研究機関をフィールドとして活躍し得る若手研究者の新たなキャリアパスを提示します
https://www.jsps.go.jp/j-le/index.html
学内外の研究支援制度
研究者支援制度パンフレット
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/research/systems-data/support.html
東京大学若手研究者の皆様へ
(所内のみ)


バナースペース

ICRR 研究サポート室

内線:65175
メール:(◎を@に替えてください)
research_support◎icrr.u-tokyo.ac.jp