本文へスキップ

研究サポート室は、研究者の皆様が十分な研究時間を確保できるようにお手伝いします。

宇宙線研究所

ビザVISA

研究会招聘など 短期間の滞在の場合

ビザ免除国・地域から日本に入国される場合、ビザは必要ありません。
それ以外の国・地域から入国される場合は、ご本人にビザを取得していただく必要があります。

<招聘元が用意してご本人に送る書類の例>・・・短期商用ビザの場合
@招聘理由書
A申請人名簿(複数人数を招聘する場合)
B滞在予定表
C招聘機関に関する資料(国立大学の准教授以上が招聘する場合は、その在職証明書)

<注意>
※ケースによって異なりますので、詳しくは上記外務省ホームページをご覧ください。
※ビザ申請後、取得まで最短でも5日かかります。お早めにご準備ください。
※有効期限は3ヶ月です。
※別途先方の所属機関宛てに、Invitation Letterが必要になる場合もあります。ご本人に確認してください。

雇用 もしくは 90日以上の長期滞在の場合

ご本人に「教授」ビザを取得していただく必要があります。
招聘元が、在留資格認定証明書を取得して、ご本人に送付します。

<在留資格認定証明書の申請に必要なもの>
@ご本人の顔写真(4×3 cm)
Aパスポートの写し
B履歴書(形式自由、英文可)
C在留資格認定証明書交付申請書
D雇用予定証明書(常勤の場合は不要)
E経費負担証明書の写し(JSPS等他機関による招聘の場合)
F返信用封筒(長形3号封筒、392円切手を貼る)

<注意>
ビザコンサルティングサービスに代理申請をお願いできます。
※交付申請後、認定書が発行されるまで1〜2ヶ月かかります。お早めにご準備ください。
※有効期限は3ヶ月です。
※ご家族同伴の場合は、ご家族それぞれに「家族滞在」ビザが必要です。
詳しくはビザコンサルティングサービスにお問い合わせください。

バナースペース

ICRR 研究サポート室

内線:65175
メール:(◎を@に替えてください)
research_support◎icrr.u-tokyo.ac.jp