本文へスキップ

研究サポート室は、研究者の皆様が十分な研究時間を確保できるようにお手伝いします。

宇宙線研究所

政策情報Survey of Science and Technology Policy

政策情報のお知らせ

       
          
  • 東京大学は、国立大学法人法の一部を改正する法律により創設された指定国立大学法人への申請を行っておりましたが、このたび文部科学大臣からの指定を受けました(平成29年6月30日)
    構想概要
  • 科学研究費助成事業(科研費)の改革についての基本的な考え方・工程を定めた「科研費改革の実施方針」が改定されました。(平成29年1月27日)
  • 世界最高水準の教育研究活動が展開されるよう高い次元の目標設定に基づき大学運営を行い、また財政基盤の強化を図るための措置を講ずることを趣旨とする指定国立大学法人制度が創設されます。(施行:平成29年4月1日)
  • 科研費は平成30年度公募(平成29年9月)より新しい審査システムへ移行します。
    「科研費審査システム改革2018」についてhttp://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1367693.htm
  • 第5期科学技術基本計画が閣議決定されました。平成28年度よりこの第5期基本計画に沿った新たな科学技術政策が推進されます。(平成28年1月22日)
  • 宇宙線研究所のファカルティ・ディベロップメント講習会にて、研究環境に影響を与える政策の動向について報告しました。(平成27年7月23日)

    (資料)科学技術政策等調査報告(1)(所内のみ)
  • 第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金の在り方に関する検討会において、これまでの議論の審議まとめが公表されました。(平成27年6月15日)        
  • 研究環境基盤部会において、大学共同利用機関及び共同利用・共同研究拠点から成る共同利用・共同研究体制の強化に向けて「審議のまとめ」が公表されました。(平成27年1月28日)


情報リンク

                 
指定国立大学
卓越大学院(仮称)
卓越研究員
国立大学法人法の一部を改正する法律案の概要
大学改革の取組について
第3期中期目標期間における指定国立大学法人の指定について
第3期中期目標期間における
国立大学法人運営交付金の
在り方について
(審議まとめ)
(審議まとめ)概要
(審議まとめ)ポイント      
第5期科学技術基本計画
第5期科学技術基本計画(概要)
第5期科学技術基本計画(本文)
共同利用・共同研究体制の
強化に向けて
審議まとめ


バナースペース

ICRR 研究サポート室

内線:65175
メール:(◎を@に替えてください)
research_support◎icrr.u-tokyo.ac.jp