宇宙線研究所×カブリIPMU 合同一般講演会

宇宙の始まりについて考える

                 

概要

宇宙線研究所とカブリ数物連携宇宙研究機構のトークイベント。原始ブラックホールとインフレーション宇宙。宇宙の始まりを探る旅へ

Date 2019年4月13日(土)13:00〜16:00(開場12:30)
Place アミュゼ柏 2階 クリスタルホール
Entry Fee 無料
Capacity 400人
Target 中学生以上(幅広い年齢層の方の参加をお願いします)
Deadline 申し込みは締め切りました
大変たくさんの応募をありがとうございました。
当選された方には3月末までにメールでお知らせします。
Sponsored 東京大学宇宙線研究所(ICRR)
東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)
Co Sponsored 柏市教育委員会
Sponsorship 柏市

実施レポート

イベントは終了いたしました。

誰が話すの?

宇宙の始まりについて考える

川崎 雅裕宇宙線研究所 教授

東京大学理学系研究科修了、理学博士。素粒子論的宇宙論を専門とし、インフレーション宇宙モデル、物質・反物質非対称性の起源、原始ブラックホール、暗黒物質候補などの理論研究を行なっている。

宇宙の始まりについて考える

菅井 肇カブリ数物連携宇宙研究機構 特任准教授

東京大学大学院理学系研究科博士課程にて学位取得。京都大学大学院理学研究科助手/助教として、すばる望遠鏡搭載用多機能可視光分光撮像装置Kyoto3DIIを開発。東京大学 Kavli IPMU(WPI)に特任准教授として着任し、すばる望遠鏡次世代多天体ファイバ分光器PFSの初代プロジェクトマネージャを務めた。原始重力波の痕跡の検出を狙う電波偏波望遠鏡衛星LiteBIRD計画に従事。

何を話すの?

宇宙の始まりについて考える

Primordial Black Holes

原始ブラックホール〜宇宙最初の1秒間に生まれるブラックホール

太陽の30倍程度の質量を持ったブラックホールが合体した際に放出された重力波が2015年に米国の重力検出器によって史上初めて観測されました。その後も同様の重力波イベントが観測され、現在まで10個のイベントが報告されています。現在物理学・天文学の研究者の間でこれらのブッラクホールが宇宙が誕生して1秒も満たない間に作られた原始ブラックホールではないかと議論になっています。さらに、宇宙初期に作られた原始ブラックホールは宇宙の暗黒物質になっている可能性もあります。
本公演では原始ブラックホールとそれがどのように誕生したかについて紹介します。

宇宙の始まりについて考える

Birth of the Universe

宇宙が生まれた時〜原始重力波が残してくれたプレゼント

遠くを観ると宇宙の昔の姿が見えます。1964年に、宇宙が生まれてから38万年後の姿の中に熱いビッグバンの名残りである宇宙背景放射(CMB)が検出されました。138億歳の宇宙の38万歳までさかのぼれたのです。が、そこには電磁波が通れない壁があり、更にさかのぼることは困難でした。これを打ち破り、宇宙誕生後10-38秒ほどの生まれた“瞬間”と言うべきところまでさかのぼる挑戦が始まっています。その“瞬間”に発生した原始重力波が生き延びて痕跡をCMBに残した可能性が高いのです。
本講演では、この痕跡を捉えるべく最新技術を結集したCMB観測用衛星望遠鏡計画をご紹介します。

タイムライン

Talk1 13:00〜13:50
川崎雅裕
Talk2 13:50〜14:40
菅井肇
Rest 14:40〜15:00
休憩
Dialog 15:00〜16:00
研究者のクロストーク
参加者との対話

FAQ

応募方法を教えてください

今回の応募は締め切りました。
大変たくさんの応募をいただき、ありがとうございました。

当日席はありますか?

当日席はありません。防災上の安全のため立ち見もお断りしています。

インターネットが使えない場合は、どのように応募すればよいですか?

お問い合わせの番号までお電話でご相談ください。

当落結果のメールが届かないのですが……。

3月末までにご連絡いたします。4月になっても連絡がない場合は、システムの不具合などにより届けられない可能性がありますので、お問い合わせの番号までお電話をお願いします。

駐車場はありますか?

専用の駐車場はございません。できるだけ公共交通機関をご利用ください。お車でご来場の場合は、近隣の有料駐車場をご利用ください。

Contact Information

Tel : 04-7136-5148

map : 東京大学宇宙線研究所

Web : お問い合わせ