Takaaki Kajita

Neutrino and Astrophysics Research

Profile

Takaaki Kajita

Takaaki Kajita

Professor

研究テーマ「重力波、ニュートリノ」

 大型低温重力波望遠鏡(KAGRA)で重力波の発見と重力波天文学の創成を目指します。KAGRAは一辺3kmの巨大なレーザー干渉計で、世界一の感度で重力波を観測するために、地面振動の小さい岐阜県神岡の地下に設置され、また感度を究極的に制限する鏡の熱雑音を抑えるために極低温に鏡を冷やして干渉計を運転するという世界に例のない装置です。私たちと一緒に重力波天文学を切り開く意気込みのある大学院学生を歓迎します。
 また、スーパーカミオカンデでニュートリノ研究を行っています。特に、宇宙線が大気中で作る「大気ニュートリノ」は既に40,000を超えるニュートリノ事象を集めてあり、これからもデータは増えていきます。このような大量のニュートリノデータを用いて、ニュートリノ振動の研究を進めています。1998年に大気ニュートリノの研究によってニュートリノ振動が発見されましたが、その後も研究は続けられ、現在では、より詳しくニュートリノ振動の研究を行っています。特に大気ニュートリノを研究して3世代のニュートリノ振動の全貌を明らかにしていきたいと考えています。

Gravitational Wave Group
Kamioka Observatory
Personal Profile


大型低温重力波望遠鏡KAGRAのアームトンネル内