出張記録

2017年度

  • 5/14-5/18, 宮城県,東北大学,"Subaru HSC Survey Collaboration Meeting",発表.
  • 9/7-9/10, 北海道,東京理科大学,CHORUS+Galaxy+IGM Workshop,発表.
  • 9/10-9/13, 北海道,北海道大学,日本天文学会2017年秋季年会.

2016年度

  • 9/14-9/16, 愛媛県,愛媛大学,日本天文学会2016年秋季年会.
  • 11/27-12/2, 広島県,広島国際会議場,"The 6th Subaru International Conference",発表.
  • 12/5, 長野県,信州大学,"Galaxy-IGM 研究会",発表.
  • 3/7-3/12, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S17A-063, FOCAS).
  • 3/16-3/18, 福岡県,九州大学,日本天文学会2017年春季年会,発表(X25b).

2015年度

  • 7/26-7/31, アメリカ合衆国,プリンストン大学,"HSC collaboration meeting 2015 July",発表.
  • 8/4-8/6, 山梨県,東京大学山中寮内藤セミナーハウス,「観測プログラム提案セミナー2015」.
  • 9/8-9/11, 兵庫県,甲南大学,日本天文学会2015年秋季年会, 発表 (X05b).
  • 11/25-11/27, 大阪府,大阪産業大学梅田サテライトキャンパス.
  • 1/11-1/16, 台湾,ASIAA,"Subaru HSC Survey Collaboration Meeting",発表.

2013年度

  • 8/18-8/21, 北海道,ホテル摩周,遠方宇宙研究ミニワークショップ.
  • 9/8-9/15, スウェーデン,Nordita,研究会 "Lyman Alpha as an Astrophysical Tool",発表.
  • 11/27-11/29, 神戸,神戸大学統合研究拠点,ミーティング 「観測と理論で探る宇宙再電離と遠方銀河形成」.

2012年度

  • 5/20-5/25, 京都,ハートピア京都,研究会 "First Stars IV -From Hayashi to the Future-", 口頭発表.
  • 6/12-6/17, アメリカ合衆国,アンカレッジ,AAS Meeting #220, Meeting-in-a-Meeting "Lyman Alpha Emitters as Probes of Galaxy Formation and Cosmology", ポスター発表.
  • 8/15-10/29, アメリカ合衆国, カリフォルニア工科大学, 共同研究(UDF12).
  • 10/24-10/27, アメリカ合衆国, アリゾナ大学, 共同研究(UDF12).

2011年度

  • 7/24-7/31, イギリス,ケンブリッジ,ケンブリッジ大学,"New Horizons for High Redshifts", 口頭発表.
  • 9/19-9/22, 鹿児島,鹿児島大学,日本天文学会2011年秋季年会, 発表 (X40a).
  • 11/29-12/4, アメリカ合衆国, W.M. Keck Observatory, Keck望遠鏡観測 (S11B-007; S305NS, NIRSPEC).
  • 2/26-3/1, アメリカ合衆国, カリフォルニア工科大学, UDF12ミーティング.
  • 3/19-3/21, 京都,龍谷大学,日本天文学会2012年春季年会.

2010年度

  • 8/2-8/3, 愛知,豊橋市,ホテル日航豊橋,2010年度天文・天体物理若手の会夏の学校, ポスター発表.
  • 9/22-9/24, 金沢, 金沢大学, 日本天文学会2010年秋季年会,発表 (X02a).
  • 10/20-11/21, アメリカ合衆国, カリフォルニア工科大学, 「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」による短期滞在.
  • 11/14-11/18, アメリカ合衆国, W.M. Keck Observatory, Keck望遠鏡観測 (C193NS, NIRSPEC).
  • 11/28-12/4, チリ, ラス・カンパナス天文台, マゼラン望遠鏡観測 (MagE).
  • 1/1-1/7, チリ, ラス・カンパナス天文台, マゼラン望遠鏡観測 (IMACS).

2009年度

  • 4/23-4/30, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S09A-017, Suprime-Cam).
  • 7/5-7/12, フランス, パリ天文台, XXVth IAP Annual Colloquium: "The Lyman Alpha Universe",発表.
  • 7/19-7/23, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S09A-017, Suprime-Cam).
  • 11/24-11/28, 岩手, 平泉町,ホテル武蔵坊, Japan-Korea Seminar 2009: "Galaxy Build-Up Across Cosmic Ages and Environments",発表.
  • 12/17-12/22, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S09B-071, Suprime-Cam).
  • 2/10-2/14, アメリカ合衆国, W.M. Keck Observatory, すばる-Keck時間交換によるKeck望遠鏡観測 (S10A-024; S328D, DEIMOS).
  • 2/18-2/20, 静岡, 掛川市,ヤマハリゾートつま恋, GCOE「未来を拓く物理科学結集教育研究拠点」 第3回 RAキャンプ,ポスター発表.
  • 3/24-3/27, 広島, 広島大学, 日本天文学会2010年春季年会.

2008年度

  • 5/18-5/23, アメリカ合衆国, ハワイ,Waikoloa Beach Marriott, A Joint Workshop of Subaru, Gemini, NOAO, JSPS and UK:"Cosmology Near and Far: Science with WFMOS", ポスター発表.
  • 7/28-7/30, 茨城, つくば市,つくばグランドホテル, 2008年度天文・天体物理若手の会夏の学校, ポスター発表.
  • 9/11-9/13, 岡山, 岡山理科大学,日本天文学会2008年秋季年会, 発表 (X07a).
  • 10/6-10/10, ドイツ, ハイデルベルグ,MPIA, "Understanding Lyman-alpha Emitters", 発表.
  • 12/17-12/19, チリ, ラス・カンパナス天文台, マゼラン望遠鏡観測 (IMACS).
  • 3/24-3/27, 大阪, 大阪府立大学, 日本天文学会2009年春季年会.

2007年度

  • 4/17-4/26, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S07A-013, Service, Suprime-Cam).
  • 7/31-8/2, 京都, レイクフォレストリゾート, 2007年度天文・天体物理若手の会夏の学校, 発表.
  • 8/9-8/14, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S07B-049, Suprime-Cam).
  • 9/25-9/28, 岐阜, 岐阜大学, 日本天文学会2007年秋季年会, ポスター発表 (X23b).
  • 10/10-10/15, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S07B-008, Suprime-Cam).
  • 11/9-11/14, アメリカ合衆国, 国立天文台ハワイ観測所, すばる望遠鏡共同利用観測 (S07B-049, Suprime-Cam).
  • 12/11-12/16, 神奈川, 湘南国際村センター, The 1st Subaru International Conference, ポスター発表.