Masato SHIOZAWA

Neutrino and Astrophysics Research

Profile

Masato SHIOZAWA

Masato SHIOZAWA

Professor

研究テーマ「陽子崩壊・ニュートリノ実験による素粒子統一理論の研究」

 スーパーカミオカンデという大型地下実験装置を用いて、素粒子の研究をしています。 またより高感度な実験装置ハイパーカミオカンデ実験の建設に取り組んでいます。いつか素粒子の統一理論の証拠をつかむことが夢です。
 スーパーカミオカンデ実験では大気ニュートリノ・陽子崩壊物理解析の責任者として、 ニュートリノ振動の精密研究を行うと同時に、素粒子の大統一理論の予言する陽子の崩壊 現象の探索を行ってきました。世界最大の検出器であるスーパーカミオカンデをフルに活用して、 世界最高の研究成果を出して行きたいと考えています。またハイパーカミオカンデ 計画ではプロジェクトリーダーとして、スーパーカミオカンデの10倍規模の次世代実験 の実現を目指し、高性能光センサーの開発や地下大空洞のデザイン作成などを進めています。
 スーパーカミオカンデやT2K実験が世界をリードしてきたニュートリノ研究は、CP対称性 の破れを調べる新たな局面を迎えています。衝突型加速器実験では到達出来ない超高エネルギー における素粒子法則の直接検証である陽子崩壊研究では、いつ陽子が壊れてもおかしくない ところまで到達しており、今後の研究がますます重要になってきます。研究の飛躍的発展を 目指したハイパーカミオカンデも、国際協力体制のもとで建設が開始されました。 これらの研究に熱意を持って取り組める方、意欲的に挑戦したい方の進学を歓迎します。

Kamioka Observatory
Hyper-Kamiokande
Personal Profile