Top Page

東京大学宇宙線研究所の﨏隆志(さこたかし)です。

テレスコープアレイ実験(TA)とALPACA実験を進めながら高エネルギー宇宙線の起源を探っています。観測では、空気シャワーと呼ばれる現象を観測するため、加速器実験を利用した超高エネルギー素粒子反応の実験(LHCf, RHICf)も進めています。

新着情報

2020年06月24日
偏極陽子衝突における超前方中性パイ中間子の左右非対称生成、ってなんだ?
2020年05月18日
大学院入試説明会
2020年03月16日
柏サイエンスキャンプ
2019年12月16日
メキシコ・オーストラリア・韓国
2019年10月17日
ボリビアでALPAQUITA建設作業
» 続きを読む