Katsuaki ASANO
浅野勝晃

Institute for Cosmic Ray Research, The University of Tokyo

東京大学 宇宙線研究所

Theoretical Study of High-energy Astrophysics

Supernovae, producing shock waves propagating in the interstellar medium. Highly magnetized rotating neutron stars, releasing their rotation energy as relativistic electron–positron outflows. Super massive black holes in the center of galaxies, launching relativistic jets. Gamma-ray bursts, very energetic explosions at the deaths of massive stars. Binary neutron stars, emitting gravitational waves, destined to eventually merge. Relativistic particles, accelerated in such sites. Cosmic rays, electromagnetic radiation, and neutrinos, travelling in space.

	   

高エネルギー宇宙物理の理論的研究

星間空間を伝播する衝撃波を形成する超新星爆発。 自転エネルギーを相対論的な電子・陽電子対プラズマ風として解放している強磁場中性子星。 相対論的なジェットを放っている、銀河中心に鎮座する巨大ブラックホール。 大質量星がその寿命を終えた時の激しい爆発現象であるガンマ線バースト。 重力波放出により徐々にその軌道を縮め、最後には合体する中性子星連星。 これらの高エネルギー現象に伴い、相対論的なエネルギーにまで加速される粒子。 宇宙空間に解放される宇宙線、電磁波、ニュートリノ。