2017 ICRR Master and Doctor Thesis Workshop

Friday, 24 February 2017 from to (Asia/Tokyo)
at UT ICRR Building ( 6F Large Seminar Room )
5-1-5, Kashiwanoha, Kashiwa, Chiba, 277-8582 Japan
Description
(1)Present your researches about which you accomplished for master and doctor theses, and boost exchanges!!
   Chair persons are
   09:35 ~ 10:45 大内先生
   11:00 ~ 11:55 伊部先生
   13:00 ~ 14:15 三代木先生
   15:15 ~ 16:55 佐川先生

(2)Vote the best poster !
   The best poster prize will be selected according to the review board members' and the participants' vote!

(3)Presentation Time
   25 minutes for the doctor presentation. 22 for presentation, 3 for Q&A.
   15 minutes for the master presentation. 12 for presentation, 3 for Q&A.
Go to day
  • Friday, 24 February 2017
    • 09:30 - 09:35 Greeting 5'
      Speaker: Prof. 梶田 隆章
    • 09:35 - 10:00 すばる望遠鏡ライマンアルファ輝線天体探査による銀河進化と宇宙再電離史の研究 25'
      Speaker: 今野
    • 10:00 - 10:15 可視・近赤外線分光データで探る銀河の窒素酸素元素比と電離パラメータの赤方偏移進化 15'
      Speaker: 小島 崇史
    • 10:15 - 10:30 大規模探査の可視光スペクトルで明かす銀河アウトフローの赤方偏移進化 15'
      Speaker: 菅原 悠馬
    • 10:30 - 10:45 可視・近赤外線探査に基づく赤方偏移2-3の銀河-銀河間物質関係の研究 15'
      Speaker: 向江 志朗
    • 10:45 - 11:00 Break
    • 11:00 - 11:25 インフレーション宇宙における曲率ゆらぎと原始ブラックホール形成 25'
      Speaker: 多田 祐一郞
    • 11:25 - 11:40 小スケール密度ゆらぎに対する宇宙論的制限と原始ブラックホール生成 15'
      Speaker: 猪又 敬介
    • 11:40 - 11:55 Lμ-Lτ ゲージ模型の荷電K中間子の希崩壊過程を用いた制限 15'
      Speaker: 中野 湧天
    • 11:55 - 13:00 Lunch
    • 13:00 - 13:15 ハイパーカミオカンデにおけるフロントエンドデータ転送システムの開発 15'
      Speaker: 園田 祐太朗
    • 13:15 - 13:30 干渉計型重力波検出器における光学機械相互作用と光の空間モードの揺らぎについて 15'
      Speaker: 榎本 雄太郎
    • 13:30 - 13:45 重力波検出器KAGRAのための量子雑音低減法の開発 15'
      Speaker: 長野 晃士
    • 13:45 - 14:00 重力波望遠鏡KAGRAのための地殻変動モニターの開発 15'
      Speaker: 三代 浩世希
    • 14:00 - 14:15 大型低温重力波望遠鏡KAGRA用超低損失鏡への付着微粒子による光損失の評価法の開発 15'
      Speaker: 長谷川 邦彦
    • 14:15 - 14:20 Break
    • 14:20 - 15:10 Poster Session (Break)
      • 14:20 スーパーカミオカンデ有効体積拡張に向けた光センサ性能の位置依存性測定 50'
        Speaker: 竹中
      • 14:20 XMASSを用いた暗黒物質事象の季節変動解析 50'
        Speaker: 小林 雅俊
      • 14:20 暗黒物質による129Xeの非弾性散乱の探索 50'
        Speaker: 鈴木 拓実
      • 14:20 大型低温重力波望遠鏡KAGRAにおけるTransmission Monitor Systemの開発 50'
        Speaker: 両角 達彦
      • 14:20 KAGRA siteにおけるクライオスタットのシールド内振動測定 50'
        Speaker: 越智 聡郎
      • 14:20 KAGRA低温懸架系のためのアクチュエータデザイン 50'
        Speaker: 宮本 昂拓
      • 14:20 KAGRA極低温懸架系プラットフォームの開発 50'
        Speaker: 山田 智宏
      • 14:20 Bright-End Excesses of the Lyα Luminosity Functions at z=5.7 and 6.6 Identified by Subaru/HSC Survey: Implications for the Faint AGN Contribution to Cosmic Reionization 50'
        Speaker: 樋口
    • 15:10 - 15:15 Break (Poster投票〆切)
    • 15:15 - 15:30 シミュレーションによる空気シャワーアレイの研究 15'
      Speaker: 片岡 厚典
    • 15:30 - 15:45 ALPACA実験のためのフロントエンドエレクトロニクスの開発 15'
      Speaker: 徳永 恭助
    • 15:45 - 16:00 CTA大口径望遠鏡初号機の光学性能最適化に向けた分割鏡測定とその配置の検討 15'
      Speaker: 稲田 知大
    • 16:00 - 16:15 超高エネルギーガンマ線望遠鏡MAGICにおける広がった天体の観測・解析手法開発とその適用 15'
      Speaker: 岩村 由樹
    • 16:15 - 16:30 拡張テレスコープアレイ実験のための最高エネルギー宇宙線観測用地表粒子検出器の開発 15'
      Speaker: 斉藤 公紀
    • 16:30 - 16:55 テレスコープアレイ実験による極高エネルギー宇宙線空気シャワー中のミューオンの研究 25'
      Speaker: 武石 隆治
    • 16:55 - 17:35 審査 (Poster Session)
    • 17:35 - 17:50 授賞式
    • 17:50 - 19:50 懇親会