2016 ICRR Master and Doctor Thesis Workshop

Friday, 19 February 2016 from to (Asia/Tokyo)
at UT ICRR Building ( 6F Large Seminar Room )
5-1-5, Kashiwanoha, Kashiwa, Chiba, 277-8582 Japan
Description
(1)Present your researches about which you accomplished for master and doctor theses, and boost exchanges !!

Chair persons are,
09:30 ~ 10:45 Kawamura,
11:00 ~ 12:05 Takita,
13:05 ~ 14:30 Yoshikoshi,
15:30 ~ 16:55 Ouchi.

(2)Vote the best poster !
The best poster prize will be selected according to the review borad members' and the participants' vote!

(3)Presentation Time
25 minutes for the doctor presentation. 22 for presentation, 3 for Q&A.
15 minutes for the doctor presentation. 12 for presentation, 3 for Q&A.
Go to day
  • Friday, 19 February 2016
    • 09:30 - 09:35 Greeting 5'
      Speaker: Prof. 梶田 隆章
    • 09:35 - 10:00 大型重力波検出器のための低周波防振装置に関する研究 25'
      Speaker: 関口 貴令
    • 10:00 - 10:15 重力波検出器KAGRAのサファイア懸架系の熱雑音に関する研究 15'
      Speaker: 田中 宏樹
    • 10:15 - 10:30 重力波検出器KAGRAの低温懸架系の開発 15'
      Speaker: 宮本 昴拓
    • 10:30 - 10:45 重力波検出器KAGRAにおけるクラックリング雑音低減に向けた実験装置の開発 15'
      Speaker: 山中 祐治
    • 10:45 - 11:00 休憩
    • 11:00 - 11:25 アフレック・ダイン機構を通じた物質および暗黒物質生成 25'
      Speaker: 山田 將樹
    • 11:25 - 11:50 再加熱中の振動スカラー場が形成するI-ballとその発展の研究 25'
      Speaker: 武田 直幸
    • 11:50 - 12:05 超対称統一模型とその有効理論における大域的対称性 15'
      Speaker: 鈴木 資生
    • 12:05 - 13:05 昼食
    • 13:05 - 13:20 CTA大口径望遠鏡分割鏡能動制御システムの開発 15'
      Speaker: 深見 哲志
    • 13:20 - 13:35 液体キセノン検出器による暗黒物質探索のため素材研究 15'
      Speaker: 乗田 貴之
    • 13:35 - 13:50 Hyper-Kamiokande実験に向けたNeutron tagging algorithm開発の現状 15'
      Speaker: 岡島 裕治
    • 13:50 - 14:05 SK-Gd計画にむけた硫酸Gd添加水のRayleigh散乱測定 15'
      Speaker: 阿久津 良介
    • 14:05 - 14:30 Super-Kamiokande Ⅳを用いた 8B太陽ニュートリノスペクトラム測定 25'
      Speaker: 中野 祐樹
    • 14:30 - 14:35 休息
    • 14:35 - 15:25 Poster 発表 と休息
      • 14:35 重力波検出器KAGRAにおける光損失推定のためのダスト粒子の粒径分布測定 50'
        Speaker: 長谷川 邦彦
      • 14:35 重力波検出器KAGRAのための地物干渉計の開発 50'
        Speaker: 三代 浩世希
      • 14:35 極低温でのコーティングの機械的損失測定 50'
        Speaker: 片山 純子
      • 14:35 XMASS検出器の低閾値化による感度向上についての研究 50'
        Speaker: 小林 雅俊
      • 14:35 重力波検出器KAGRAのための量子雑音低減法の開発 50'
        Speaker: 榎本 雄太郎
      • 14:35 JEM-EUSO実験に用いる大気蛍光望遠鏡カメラの較正 50'
        Speaker: 興秀
    • 15:25 - 15:30 休息
    • 15:30 - 15:45 ALMAで検出された0.02 mJyに至る暗いミリ波天体: 物理的起源と銀河系外背景光への寄与 15'
      Speaker: 藤本 征史
    • 15:45 - 16:00 ハッブル・すばる望遠鏡の深撮像で探る銀河-暗黒物質関係の進化 15'
      Speaker: 播金 優一
    • 16:00 - 16:15 パルサー星雲放射の空間構造 15'
      Speaker: 石崎
    • 16:15 - 16:30 巨大電波パルス観測に基づくカニ星雲時間変動解析 15'
      Speaker: 廣島
    • 16:30 - 16:55 多波長同時観測によるカニパルサー巨大電波パルスの研究 25'
      Speaker: 三上
    • 16:55 - 17:35 審査 及び Poster Session
    • 17:35 - 17:50 授賞式 (博士論文の部、修士論文の部、ポスターの部)
    • 17:50 - 19:50 懇親会