2015 ICRR Master and Doctor Thesis Workshop

Friday, 20 February 2015 from to (Asia/Tokyo)
at UT ICRR Building ( 6F Large Seminar Room )
5-1-5, Kashiwanoha, Kashiwa, Chiba, 277-8582 Japan
Description
(1)Present your researches about which you accomplished for master and doctor theses, and boost exchanges !!

Chair persons are,
09:00 ~ 10:20 Ohuchi,
10:35 ~ 11:50 Shinozawa,
12:50 ~ 14:35 Yoshikoshi,
15:45 ~ 17:20 Kawamura.

(2)Vote the best poster !
We have a lot of poster presentations. So Kajita-sensei decided to select the best poster prize according to the review borad members' and the participants' vote!

(3)Presentation Time
25 minutes for the doctor presentation. 22 for presentation, 3 for Q&A.
15 minutes for the doctor presentation. 12 for presentation, 3 for Q&A.
Go to day
  • Friday, 20 February 2015
    • 09:00 - 09:05 Greeting 5'
      Speaker: Prof. 梶田 隆章
    • 09:05 - 09:20 ハッブル宇宙望遠鏡と重力レンズ効果を用いた宇宙再電離の研究 15'
      Speaker: 石垣 真史
    • 09:20 - 09:35 すばる広領域深探査による銀河団進化の研究 15'
      Speaker: 玉澤 裕子
    • 09:35 - 09:50 カーバトン模型における等曲率揺らぎの生成と宇宙マイクロ波背景放射への影響 15'
      Speaker: 早川
    • 09:50 - 10:05 ThソースによるXMASS検出器較正装置の開発研究 15'
      Speaker: 小林 雅俊
    • 10:05 - 10:20 随伴表現フェルミオンを伴う標準模型におけるゲージ結合定数の統一と暗黒物質 15'
      Speaker: 相澤
    • 10:20 - 10:35 休憩
    • 10:35 - 11:00 Atmospheric neutrino flux measurements at Super-Kamiokande 25'
      Speaker: Euan Richard
    • 11:00 - 11:15 スーパーカミオカンデにおける近傍超新星観測用エレクトロニクスの開発 15'
      Speaker: 織井 安里
    • 11:15 - 11:30 超対称性理論におけるgauged Q-ball 15'
      Speaker: ホン ジョンピョン
    • 11:30 - 11:45 フェルミバブルにおける乱流加速と放射 15'
      Speaker: 佐々木 健斗
    • 11:45 - 12:50 昼食
    • 12:50 - 13:05 フェルミガンマ線衛星のカロリーメータ単独解析の開発とCTA大口径望遠鏡光電子増倍管の較正:数10GeVから数100GeV宇宙ガンマ線の高感度観測を目指して 15'
      Speaker: 高橋 光成
    • 13:05 - 13:20 CTA大口径望遠鏡分割鏡の性能測定と大気シャワーシミュレーションによる光学系パラメータの評価 15'
      Speaker: 荻野 桃子
    • 13:20 - 13:35 CTA大口径望遠鏡用高速データ収集システムの開発 15'
      Speaker: 石尾 一馬
    • 13:35 - 13:50 次世代超高エネルギーガンマ線天文台CTAのための分割鏡動的制御システムの開発 15'
      Speaker: 小島 拓実
    • 13:50 - 14:05 コンパクト連星合体時の非熱的放射 15'
      Speaker:
    • 14:05 - 14:20 シュバルツシルト時空における光速異方性測定に関する研究 15'
      Speaker: 渡辺 篤史
    • 14:20 - 14:25 休息
    • 14:25 - 15:35 Poster 発表 と休息
      • 14:25 ALMAで迫るmm波帯宇宙赤外線背景放射の起源 1h0'
        Speaker: 藤本 征史
      • 14:25 赤方偏移2.2 のライマンアルファ輝線銀河の統計的研究 1h0'
        Speaker: 今野
      • 14:25 XMASS次世代検出器における極低backgroundに向けた研究開発 1h0'
        Speaker: 乗田 貴之
      • 14:25 星形成銀河のクラスタリング解析とダークハロー質量 1h0'
        Speaker: 播金 優一
      • 14:25 Gravitational waves as a probe of supersymmetric scale 1h0'
        Speaker: 山田 將樹
      • 14:25 Solar neutrino results of Super Kamiokande 1h10'
        Speaker: 中野 佑樹
      • 14:25 GADZOOKS!計画に向けたGd添加水のパラメータ測定 1h10'
        Speaker: 阿久津 良介
      • 14:25 The measurement of muons in UHECR by Auger surface detector at Telescope Array site 1h10'
        Speaker: 武石 隆治
      • 14:25 KAGRA低温懸架系のサファイアファイバーの機械的散逸測定装置の改良 1h10'
        Speaker: 田中 宏樹
      • 14:25 Crab pulsar Giant Radio Pulseの広帯域同時観測 1h10'
        Speaker: 三上
      • 14:25 KAGRAの極低温鏡懸架システムで用いる傾き調整機構の開発 1h10'
        Speaker: 宮本 昴拓
    • 15:35 - 15:40 休息
    • 15:40 - 16:05 重力波望遠鏡KAGRAのための低温懸架システムの研究 25'
      Speaker: タン
    • 16:05 - 16:20 重力波検出器における輻射圧雑音低減の研究に向けた防振システムの設計・開発 15'
      Speaker: 西村
    • 16:20 - 16:35 重力波検出器における量子雑音最適化のための鏡の角度揺らぎ制御に関する研究 15'
      Speaker: 小仁所 志栞
    • 16:35 - 17:00 大型低温重力波望遠鏡KAGRAのデッドタイムの短縮 25'
      Speaker: 榊原 裕介
    • 17:00 - 17:15 孤立パルサーからの重力波の重力的位相シフトの研究 15'
      Speaker: 小野 謙次
    • 17:15 - 17:55 審査 及び Poster Session
    • 17:55 - 18:10 授賞式 (博士論文の部、修士論文の部、ポスターの部)
    • 18:10 - 20:10 懇親会