東京大学宇宙線研究所

高エネルギー宇宙線研究部門・高エネルギー天体グループ

 希薄な宇宙プラズマにおける空間構造・時間発展・エネルギー輸送にかかわる物理的素過程の解明を主眼として研究を行ってきました。これまでの主要な研究テーマは次の5つに分類されます。 
  衝撃波統計加速過程・波動粒子相互作用
  磁気リコネクションと粒子加速
  磁気圏プラズマの起源
  プラズマ・中性粒子相互作用
  超強磁場中性子星(マグネター)の巨大フレア研究

上記テーマに加え、進行中、計画中の研究テーマは以下の通りです。
  極高エネルギー宇宙線の加速・伝搬に関わる研究 
  低〜中エネルギー宇宙線の起源に関わる研究
  加速領域への粒子注入問題(Injection Problem)
  加速領域のEnergetics
  数十GeV〜数十TeVの電子・陽電子伝搬過程の再検討
  低周波電波天文学のR/D
  極高エネルギー宇宙線の電波的探索手段の追求
  レーダー法による星間塵の到来方向分布決定・宇宙線組成異常の解明
  電波パルサー(回転中性子星)の巨大パルスの観測的研究
   宇宙環境学に関する共同利用研究の推進
  

教授・寺澤敏夫