イラスト:Sora

過去に受けた研究費とその成果

研究種目名:創成的基礎研究、期間:平成7年度から平成13年度まで7年間
研究課題名:高感度レーザー干渉計を用いた「重力波天文学」の研究(研究分担者)
研究経費:1,291,000,000円(最初の5年間)、230,000,000円(最後の2年間)
研究成果:ディテクターグループのリーダーとして、アーム長300mの干渉計TAMA300の建設・調整を指揮し、レーザー干渉計型重力波アンテナとして世界最高感度を達成し、1000時間以上にも及ぶ世界最長観測を行なった。

研究種目名:基盤研究(B)、期間:平成10年度から平成12年度まで3年間
研究課題名:狭帯域型レーザー干渉計重力波アンテナの開発(研究代表者)
研究経費:13,000,000円
研究成果:日本の将来計画LCGTのための帯域可変型レーザー干渉計を開発し、その結果、世界ではじめて、つり下げられたミラーを用い、アームキャビティーなしの帯域可変型干渉計の広帯域状態での動作に成功した。

研究種目名:基盤研究(B)、期間:平成13年度から平成14年度まで2年間
研究課題名:帯域可変型レーザー干渉計重力波アンテナの開発(研究代表者)
研究経費:12,800,000円
研究成果:上記の研究成果を受け、帯域可変型レーザー干渉計の技術をさらに発展させた。その結果、世界ではじめて、つり下げられたミラーを用い、アームキャビティーを含めた形での帯域可変型干渉計の広帯域状態での動作に成功した。

研究種目名:特定領域研究(A)、期間:平成13年度から平成17年度まで5年間
研究課題名:重力波研究の新しい展開(研究分担者)
研究経費:1,730,000,000円(申請額)
研究成果:上記の研究成果を受け、帯域可変型レーザー干渉計の技術をさらに発展させ、世界ではじめて、つり下げられたミラーを用いた帯域可変型干渉計の狭帯域状態での動作に成功した。

研究種目:科学技術振興調整費先導的研究等の推進、期間:平成14年度から16年度の3年間
研究課題名:精密衛星測位による地球環境監視技術の開発(研究分担者)
研究経費:500,000,000円
研究成果:地球重力場測定のための衛星間測位の地上シミュレーターを構築し、目標感度を達成することに成功した。

研究種目名:基盤研究(A)、期間:平成17年度から平成20年度まで4年間
研究課題名:超高周波重力波検出用レーザー干渉計の開発と重力波源の探索(研究代表者)
研究経費:37,400,000円
研究成果:世界で初めてシンクロナスリサイクリング干渉計の動作に成功し、100MHz帯での世界最高感度を達成し、観測を行い背景重力波の上限値を出した。

研究種目:三菱財団助成金、期間:平成19年度
研究課題名:重力波検出のための変位雑音キャンセル法の開発(研究代表者)
研究経費:12,000,000円
研究成果:重力波検出器において鏡の変位雑音をキャンセルする方法を新たに開発し、この基本原理を実験的に確認した。

研究種目:松尾財団助成金、期間:平成20年度
研究課題名:次世代重力波検出器のための量子非破壊技術の開発(研究代表者)
研究経費:3,000,000円
研究成果:重力波検出器において量子雑音である輻射圧雑音低減のための基礎実験を行なった。

研究種目名:挑戦的萌芽研究、期間:平成23年度から平成25年度まで3年間
研究課題名:周期的微小重力干渉計を用いた低周波重力波検出器の開発(研究代表者)
研究経費:2,800,000円
研究成果:周期的微小重力干渉計の要素技術を開発し、世界初の周期的微小重力干渉計プロトタイプを製作し、これを動作させ、また新たに開発した手法を用いてデータ解析を行った。

研究種目名:基盤研究(B)、期間:平成23年度から平成26年度まで4年間
研究課題名:重力波検出器LCGTのための量子雑音低減法の開発(研究代表者)
研究経費:14,900,000円
研究成果:輻射圧トルクによる光共振器の不安定性を防ぐ方法を考案し、その有意性を示した。

研究種目名:研究拠点形成事業 A.先端拠点形成型、期間:平成25年度から平成29年度まで5年間
研究課題名:重力波天文学の創成(日本側コーディネーター)
研究経費:80,000,000円(予想額)
研究成果:現在研究継続中。

研究種目名:基盤研究(B)、期間:平成26年度から平成28年度まで3年間
研究課題名:重力波検出器KAGRAのためのクラックリング雑音の研究(研究代表者)
研究経費:12,600,000円
研究成果:現在研究継続中。

研究種目名:特別推進研究、期間:平成26年度から平成30年度まで5年間
研究課題名:極低温干渉計で挑む重力波の初観測(研究分担者)
研究経費:446,800,000円
研究成果:現在研究継続中。