The University of Tokyo

ICRR Theory Group

about us


東京大学宇宙線研究所理論グループでは、様々な角度から宇宙と素粒子に関する理論的研究を行なっています。特に、素粒子的宇宙論及び、素粒子現象論と呼ばれる分野の研究を行なっています。

  • 素粒子的宇宙論
    素粒子的宇宙論は、宇宙がどのように始まったのかを素粒子理論を使って解き明かそうとする分野です。 例えば、宇宙初期には急激な加速膨張が起きた時代 (インフレーション期) があったとされていて、その加速膨張は素粒子理論を使って記述できるのではないかと考えられています。 現在、宇宙背景マイクロ波放射(CMB)の観測結果などから、部分的ながらもインフレーション期の情報が得られつつある状況にあり、将来観測 (DECIGO, LiteBIRD) によってインフレーション期の全体像が見えてくることが期待されています。
  • 素粒子現象論
    素粒子現象論は、標準模型を超える物理模型を構築し、それらがどのように実験や観測で検証されるのかについて研究を行う分野です。 現代の素粒子物理学は、標準模型を基礎にして理解されていますが、標準模型には問題があると考えられています。 例としては、ヒッグス粒子の質量のスケールが重力のエネルギースケールに比べて不自然に小さい「階層性問題」や、標準理論の枠組みで現れる強い力のCP対称性の破れを表すパラメータが不自然に小さい「強いCP問題」などが挙げられます。 現在及び、将来の加速器実験や宇宙観測が、これらの問題を解決できるような標準模型を超えた物理の手がかりを与えるだろうと期待されています。

recent papers


False Vacuum Decay in Gauge Theory (arXiv:1704.03492)

Motoi Endo, Takeo Moroi, Mihoko M. Nojiri, Yutaro Shoji

On the Gauge Invariance of the Decay Rate of False Vacuum (arXiv:1703.09304)

Motoi Endo, Takeo Moroi, Mihoko M. Nojiri, Yutaro Shoji

A "Gauged" U(1) Peccei-Quinn Symmetry (arXiv:1703.01112)

Hajime Fukuda, Masahiro Ibe, Motoo Suzuki, Tsutomu T. Yanagida

New-Type Charged Q-ball Dark Matter in Gauge Mediated SUSY Breaking Models (arXiv:1702.00889)

Jeong-Pyong Hong, Masahiro Kawasaki

Dark Matter Candidates in a Visible Heavy QCD Axion Model (arXiv:1702.00227)

Hajime Fukuda, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida

Gravitino Problem in Minimal Supergravity Inflation (arXiv:1701.03106)

Fuminori Hasegawa, Kyohei Mukaida, Kazunori Nakayama, Takahiro Terada, Yusuke Yamada

Members


メールアドレスは、後ろに @icrr.u-tokyo.ac.jp をつけてください。

過去のメンバーはこちらから

Activity


宇宙線研究所理論グループでは、毎週木曜日にJournal Clubを、隔週金曜日にColloquiumを行なっています。

Journal Club

Journal Clubでは最近の論文の紹介をします。

2017年度前期

4/20 早川
Evolution of the Baryon Asymmetry through the Electroweak Crossover in the Presence of a Helical Magnetic Field
Kohei Kamada, Andrew J. Long

4/27 ホン
Nontopological solitons in the model of the self-interacting complex vector field
A. Yu. Loginov

5/11 伊部
Dark Kinetic Heating of Neutron Stars and An Infrared Window On WIMPs, SIMPs, and Pure Higgsinos
Masha Baryakhtar, Joseph Bramante, Shirley Weishi Li, Tim Linden, Nirmal Raj

5/18 猪又
Hillclimbing Higgs inflation
Ryusuke Jinno, Kunio Kaneta, Kin-ya Oda

5/25 川崎
Searching for the QCD Axion with Gravitational Microlensing
Malcolm Fairbairn, David J. E. Marsh, Jérémie Quevillo
BICEP2 / Keck Array IX: New Bounds on Anisotropies of CMB Polarization Rotation and Implications for Axion-Like Particles and Primordial Magnetic Fields
Keck Array, BICEP2 Collaborations

6/1 鈴木(資)
Glueball dark matter in non-standard cosmologies
Bobby Samir Acharya, Malcolm Fairbairn, Edward Hardy

6/8 庄司
Higgsplosion: Solving the Hierarchy Problem via rapid decays of heavy states into multiple Higgs bosons
Valentin V. Khoze, Michael Spannowsky

6/15 鈴木(和)
Systematic Construction of Counterexamples to Eigenstate Thermalization Hypothesis
Naoto Shiraishi, Takashi Mori

6/22 中野
Detection prospects for the Cosmic Neutrino Background using laser interferometers
Valerie Domcke, Martin Spinrath

6/29 山口
Bounding milli-magnetically charged particles with magnetars
Anson Hook, Junwu Huang

7/6 園元
On general features of warm dark matter with reduced relativistic gas
W.S.Hipolito-Ricaldi, R.F. vom Marttens, J.C.Fabris, I.L.Shapiro, L. Casarini

7/13 長谷川
Primordial black holes from scalar field evolution in the early universe
Eric Cotner, Alexander Kusenko

7/20 安藤
Quantum diffusion during inflation and primordial black holes
Chris Pattison, Vincent Vennin, Hooshyar Assadullahi, David Wands

Colloquium

Colloquiumでは各々が行なっている研究の内容を発表します。

2017年度前期

4/21 長谷川

4/28 庄司

5/12 ホン

5/26 早川

6/9 中野

6/23 鈴木(資)

7/7 猪又

Access


Address

〒277-8582 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東京大学宇宙線研究所

Directions

つくばエクスプレス(TX) 柏の葉キャンパス駅下車 徒歩25分またはバス5分
バスは国立がん研究センター経由江戸川台駅もしくは柏の葉キャンパス駅循環(柏の葉公園循環)