宇宙ニュートリノ研究部門

宇宙ニュートリノ研究部門

スーパーカミオカンデ

スーパーカミオカンデは、地下1000mに置かれた検出器により、ニュートリノ観測や陽子崩壊の探索を通して宇宙の歴史や素粒子の仕組みの解明を目指しています。

宇宙ニュートリノ研究部門

T2K

陽子シンクロトロン加速器で生成される大強度ニュートリノビームと世界最大のニュートリノ検出器であるスーパーカミオカンデを用いて、ニュートリノ振動の精密測定を行っています。

宇宙ニュートリノ研究部門

XMASS

神岡地下実験室におよそ1トンの液体キセノン検出器を設置し、宇宙暗黒物質直接探索を行なっています。

宇宙ニュートリノ研究部門

ハイパーカミオカンデ

現行のスーパーカミオカンデを凌駕する巨大水タンクと超高感度光センサーからなる実験装置で、陽子崩壊の発見やニュートリノのCP対称性の破れの発見、超新星爆発ニュートリノの観測などを通して、素粒子の統一理論や宇宙の進化史の解明を目指します。

教員の紹介

Takaaki KAJITA

教授 (所長)

Kimihiro OKUMURA

准教授

Masato SHIOZAWA

教授

Hiroyuki SEKIYA

准教授

Masayuki NAKAHATA 

教授 (副所長)

Yoshinari HAYATO

准教授

Shigetaka MORIYAMA

教授