平成20年宇宙線研究所共同利用研究成果発表会 プログラム

  12月19日  
13:00
開会
ICRR所長
13:05
大型低温重力波望遠鏡の開発・設計(Ⅹ)
神田 展行
13:20
神岡での重力波観測(Ⅶ)
三代木 伸二
13:35

天然放射性核種Be-7、Pb-210降下量の季節変動に関する研究

地下実験室の環境連続計測

大橋 英雄
13:50

南極宇宙塵の化学的研究

南極隕石のAl-26放射能の測定

福岡 孝昭
14:05

Be-7,Na-22などによる宇宙線強度時間変化の検出

年輪中の放射性炭素測定と微量放射性同位元素分析による過去の宇宙線強度変動の研究

櫻井 敬久
14:20
宇宙の進化と素粒子模型
川崎 雅裕
14:35
最高エネルギー太陽宇宙線の観測的研究
村木 綏
14:50
第24太陽活動期における太陽中性子の観測
松原 豊
15:05
休憩  
15:20
エマルションチェンバーによる高エネルギー宇宙線電子の観測
吉田 健二
15:35
雷や雷雲からのX線・γ線を利用しての電場による粒子加速の検証
土屋 晴文
15:50
スーパーカミオカンデ実験
中山 祥英
16:15
極低濃度ラドン測定システムの開発
田阪 茂樹
16:30
大気ニュートリノフラックスの精密計算
本田 守広
16:45
100万トン水チェレンコフ検出器(ハイパーカミオカンデ)の開発研究
金行 健治
17:00
スーパーカミオカンデによる10TeV宇宙線強度の恒星時日周変動の観測
宗像 一起
17:15
ニュートリノ振動精密測定のためのニュートリノ原子核反応の研究
作田 誠
17:30
IceCube実験
吉田 滋
17:45
液体キセノン検出器を利用した暗黒物質探索実験
鈴木 聡
 
12月20日  
9:00
高山における大気発光現象と雲による反射、散乱の測定
榊  直人
9:15
ガンマ線バーストの迅速な発見、観測による宇宙形成・進化の研究
河合 誠之
9:30
乗鞍岳におけるミューオン強度の精密観測
宗像 一起
9:45
大型ミューオンテレスコープによる銀河宇宙線強度の観測
小島 浩司
10:00
Knee領域および最高エネルギー領域での宇宙線反応の実験的研究
増田 公明
10:15
長期間気球観測による高エネルギー宇宙線加速天体の研究
鳥居 祥二
10:30
休憩  
10:45
CANGAROO実験
榎本 良治
11:10
テレスコープアレイ実験
櫻井 信之
11:35
Auger計画の最高エネルギー宇宙線観測データの解析
山本 常夏
11:50
チベット高原での高エネルギー宇宙線の研究
大西 宗博
12:15
ボリヴィア空気シャワー共同実験

常定 芳基

12:35
休憩  
13:35
全天高精度素粒子望遠鏡計画Ashra観測
小川 了
13:55
XMASS実験
山下 雅樹
14:15
液体キセノンの発光スペクトルの研究
中村 正吾
14:30
ガス飛跡検出器による方向に感度を持つ暗黒物質探索実験
身内 賢太朗
14:45

レーザー伸縮計と超伝導重力計の同時観測による地球の固有振動の研究

神岡における繰り返し 絶対重力測定と重力季節変化

田村 良明

東 敏博

15:00
48Caの二重ベータ崩壊の研究
小川 泉
15:15
研究会報告・閉会の言葉
委員長