00

Message

 本イベントは、来年の春に東京大学宇宙線研究所への進学を希望する方を対象にした進学ガイダンスです。本研究所が手掛ける研究プロジェクトについて研究者から直接ご説明した後、各研究室を訪ねる「ラボツアー」を開きます。宇宙線研究所の雰囲気を肌で感じてください。

 科学に興味を持って「研究をやりたい」という情熱を持っている人をお待ちしています。本年度以降に進学を希望する方の参加も歓迎します。

教員紹介のページ
01

概要

日時

2017年6月17日(土)
10:00~17:00

場所

東京大学柏キャンパス
宇宙線研究所
 Access

参加費

無料

対象

宇宙線研究所への進学を希望する人

お申込み

2017年6月14日(水)までに
本ページからお申し込みください

主催

東京大学宇宙線研究所 (ICRR)

02

Program

テレスコープアレイ グループ

宇宙線のエネルギーに上限はあるか、極限のエネルギーを持つ宇宙線はどこから来るどんな粒子か。その謎を解明するために、米国にテレスコープアレイ実験装置を建設、研究しています。

チェレンコフ宇宙ガンマ線 グループ

次世代ガンマ線天文台(CTA)にむけて、直径23mの大口径チェレンコフ望遠鏡の建設を進めています。超新星残骸やパルサー、活動銀河核などの高エネルギー天体からのガンマ線放射・粒子加速機構を調べています。

チベット グループ

標高4,300mのチベット高原に高精度空気シャワー観測装置を設置し、高エネルギー宇宙線の起源・加速機構・伝播の解明を目指しています。
 
 
 

観測的宇宙論 グループ

大型望遠鏡を用いた深宇宙観測により宇宙史初期を探る研究を行っています。ビッグバン直後の高温ガスの宇宙から現在の銀河宇宙への進化を明らかにするのが目標です。

理論 グループ

素粒子と宇宙に関する理論的研究を行っています。超対称性模型などの標準模型を越えた物理に基づく素粒子現象論・宇宙論、物質の起源、インフレーション宇宙模型などが主なテーマです。

Lunch Break

研究者と一緒に昼食を食べながら懇談します。
*お弁当をご用意します。
 
 
 
 

スーパーカミオカンデ グループ

太陽・大気・超新星爆発・加速器からくるニュートリノ観測により、質量・世代間混合などの未知の性質を調べています。また、暗黒物質探索や、天体そのものの研究、陽子崩壊の探索にも取り組んでいます。

T2K グループ

J-PARC加速器からのニュートリノを、スーパーカミオカンデにおいて観測し、ニュートリノ振動を精密測定しています。特にニュートリノの粒子・反粒子(CP)対称性の破れの解明を目指す研究を進めています。
 

XMASS グループ

宇宙の物質の大半は未知の素粒子である暗黒物質だと考えられています。本実験ではその正体を解明するため、直接検出を目指しており、大型の液体キセノン検出器を用いて研究しています。
 
 

重力波 グループ

大型低温重力波望遠鏡「KAGRA」の建設を進めています。検出器には理論に裏付けられた最先端技術、重力波観測には精緻なデータ解析が必要であり、KAGRAに関連する新しい研究が数多く進行中です。

LAB TOUR

興味がある研究室を、自由に見て回れます。
※出入り自由です。

03

FAQ

2017年6月14日(水)までに下記ページからお申込みください。

お申込みはこちら
メール(icrr-pr@icrr.u-tokyo.ac.jp)にてご相談をお願いします。11:50-13:00のLunch Breakではお弁当をご用意いたしますので、できるだけご参加をお願いします。14:20-17:00のLab Tourは興味がある研究室を、自由に見て回れます。出入り自由です。

昼食にお弁当をご用意しますので、事前にお申込みをお願いします。

04

Contact us