宇宙線研究所オリジナルグッズ

スーパーカミオカンデの「ジグソーパズル」
Twitterでお知らせさせていただいたジグソーパズルです。「光電子増倍管を自分でインストールできる感覚が味わえるところが素晴らしい」「このタマひとつひとつが浜松の職人さんが丁寧に作ったピースでもあるし……」「目がしぱしぱしそう……」。たくさんの反響をいただきました。ありがとうございます。
1,500円(税込)
300ピース、完成した大きさ:38cm×26cm
ジグソーパズルは再販売されますか?
現在制作しています。11月末(25、26日ごろ)に店頭に並ぶ予定です。お待ちいただきありがとうございます。
ネット通販で買えますか?
現在検討をしております。決まりましたらこちらでお伝えさせていただきます。
チェレンコフ光のデータが銀色に光る「ノート」
素粒子のひとつニュートリノはスーパーカミオカンデのなかの超純水と反応して青白い光を放ちます。表紙にはそのチェレンコフ光のデータを、銀色の箔押しであしらいました。裏面は梶田先生がニュートリノ振動を発表した時のOHPスライドの図です。MDノートを手がけるミドリのブランドを展開する文具メーカーと共同開発しました。
650円(税込)
A5サイズ、64ページ
宇宙線の空気シャワーが降りそそぐ「マグカップ」
宇宙を高エネルギーで飛び交うちいさな粒子「宇宙線」が、地球の大気と衝突すると、無数の粒のシャワーとなり降り注ぎます。空気シャワーです。そのほかにも宇宙線研究所の研究プロジェクトにまつわるデザインが、黒を基調としたボディに散りばめられています。底にある仕掛けは飲みほしてからのお楽しみ。
1,500円(税込)
大きさ:口径74mm×高さ85mm
マグカップは現在売り切れ中です。再販売されますか?
現在制作しています。12月末中旬ごろに店頭に並ぶ予定です。
研究プロジェクトの今を感じる2018年「カレンダー」
光電子増倍管がならぶスーパーカミオカンデ、長さ3kmの真空パイプがのびる重力波望遠鏡KAGRA、高エネルギーガンマ線望遠鏡チェレンコフテレスコープアレイ、極高エネルギー宇宙線をとらえるテレスコープアレイ、乗鞍観測所にあそびにくるライチョウも。そのほか宇宙線研究所の研究プロジェクトの最新の写真をつめこみました。
500円(税込)
2018年1月始まり、壁掛け、使用時はA3縦サイズ
オリジナルグッズはどこで買えますか?
東京大学本郷キャンパスの生協・第二購買部(安田講堂の近く)、柏キャンパスの生協・Food Shop、東急ハンズ名古屋店(JR名古屋駅直結)、岐阜県飛騨市の道の駅「スカイドーム」にて販売しています。
(*ジグソーパズルとマグカップは売り切れ中です。パズルは11月末、マグカップは12月中旬ごろに再販売を予定しています。)
売上金は何に使われますか?
売上の一部は、若手研究者の雇用や研究環境の整備など、研究所の運営資金として使われます。