広報室
Public Relations


【プレスリリース】地上のチェレンコフ望遠鏡がガンマ線バーストの信号を初観測 〜誕生直後のブラックホールから過去最高エネルギーのTeVガンマ線放射を確認〜

 東京大学、京都大学、東海大学、ドイツ・マックスプランク物理学研究所 (MPP) などの国際共同研究チームは、カナリア諸島ラパルマ島のチェレンコフ望遠鏡MAGICを用い、300 GeV (ギガ電子ボルト) 以上の高エネルギーを持つガンマ線の光子を10秒間に200-300個という高頻度で観測しました。他の光学望遠鏡の観測結果から、この高エネルギーガンマ線は、45億光年 (赤方偏移0.42) 離れた天体から放出されたもので、太陽質量の100倍程度の大質量星が燃え尽きて重力崩壊し、ブラックホールになる際、対極2方向に出たプラズマのジェットから生成されたガンマ線バーストであると見られています。

 地上のチェレンコフ望遠鏡が、ガンマ線バーストからの信号を、高い信頼度で観測したのは初めてです。観測された最高エネルギーは過去最高の1 TeV まで伸びており、ガンマ線の発生機構にシンクロトロン放射以外のメカニズムがあることを初めて明確にしました。本成果は11月21日更新された英科学誌Natureの電子版に掲載されています。

 詳しくはこちらのページをどうぞ。

magic_00.jpg