広報室
Public Relations


【トピックス】多摩六都科学館でサイエンスカフェ「宇宙の研究所で銀河の研究を始めました」を開催

 観測的宇宙論グループの菅原悠馬さん(博士課程3年)が登壇するサイエンスカフェ「宇宙の研究所で銀河の研究を始めました」が11月16日、西東京市の多摩六都科学館の学習室で開かれ、26人の一般市民が参加しました。多摩六都科学館でのサイエンスカフェは、同館と宇宙線研究所が2015年に締結した広報・啓発活動に関する相互協定に基づく共催イベントで、研究現場で得た知見を広く市民に提供し、科学文化の発展に寄与することなどを目的としており、1年に2回ほど開催されています。

4E5A5665.JPG

 菅原さんは、修士課程1年からおよそ5年間に、梶田隆章所長のノーベル賞受賞、LIGOによる重力波の直接観測、中性子連星の合体を重力波、ガンマ線、可視光などで直接捉えた成果、超巨大ブラックホールの撮影成功など、大ニュースが続いたことを振り返り、「この5年間に、天文学がマルチメッセンジャー観測、そして世界中の研究機関が力を合わせて取り組む大型化の方向に転換しました。宇宙線研は宇宙からやってくるガンマ線、ニュートリノ、宇宙線など様々な観測を通して宇宙の謎に迫りつつあります」と宇宙線研を紹介。自らが専門分野として選んだ遠方銀河のアウトフロー(銀河風)の研究について、線香の煙を満たした集気ビンを通過するレーザー光線や、蛍光灯、LED電球、白熱灯などの光を分光板(グレーチングシート)で観察する実験を交えながら、丁寧に解説しました。

4E5A5662.JPG

詳報は後日、掲載します。