広報室
Public Relations


【トピックス】KAGRAで完成記念式典を開催 LIGO、Virgoとの研究協力協定も締結

 東京大学宇宙線研究所が国立天文台、高エネルギー加速器研究機構(KEK)と協力して建設を進めてきた大型低温重力波望遠鏡KAGRAの完成記念式典が10月4日、関係者や地元自治体、協力企業の代表者ら50人ほどが出席して開催されました。

kagra_01.jpg

 プロジェクト代表の梶田隆章所長は、式典での主催者挨拶の中で、「9年かけて建設してきたKAGRAがついに完成し、大変喜んでいます。まだ完成したばかりで、これから最終的な調整を経て、国際共同観測に参加し、アジア圏の観測拠点としての役割を担うことになります。そのためにはまだ様々な努力をしなければならず、KAGRAのコラボレータが一丸となってやっていく予定ですので、どうぞよろしくお願い致します」とコメントしました。

kagra02.jpg

 KAGRAはLIGO、Virgoに続くキロメートル規模の重力波望遠鏡としては、世界で3カ所目、アジアで初めての実験施設として計画され、2010年から建設が始まりました。KAGRAは、LIGOなどと同様にL字型の長い2本の腕(アーム)を持ち、二つに分けたレーザーの光をそれぞれのアームで何度も往復させ、最終的に光の干渉を利用することで、重力波によるわずかな空間の伸び縮みを検出します。地面振動が比較的小さい地下にあり、四つのサファイヤ鏡をマイナス253度の極低温まで冷やして熱振動による影響を減らすのが、他の重力波望遠鏡にはないKAGRAの大きな特徴です。

 記念式典は、飛騨市神岡町にあるKAGRA中央実験室に隣接する前室で開かれ、最初に飛騨市の延喜式内社大津神社神楽社中が神楽(かぐら)を披露。続いて、梶田所長、宮園浩平・東京大学理事、文部科学省の村田善則・研究振興局長が挨拶を行い、齊藤芳男・特任教授がKAGRAの概要説明を行った後、梶田所長、宮園理事の手で実験開始ボタンが押されました。押してすぐに四つのサファイヤ鏡が固定され、干渉計として機能する様子がモニターに映し出されると、集まった出席者から大きな拍手が湧き起こりました。

kagra03.jpg

 重力波観測研究施設長の大橋正健教授は、「ようやく装置としては完成しましたが、これで終わりではなく、実はこれが始まりで、これから感度を上げてLIGO、Virgoと一緒に国際共同観測に参加し、サイエンスに貢献していくことになります」と決意を述べました。

LIGO、Virgoとの研究協定(MOA)に調印

 富山市内のホテルに会場を移して行われたMOA調印式では、梶田所長に加え、LIGOプロジェクトのDavid H. Reitze代表、VirgoプロジェクトのJo van den Brand代表が、共同観測でデータを互いに交換することなどを定めたMOAに調印。Reitze代表は「KAGRAの参加で観測の空白を少なくすることが可能となり、ネットワーク全体で重力波を検出・解析する能力が向上することが期待できます」。Van den Brand代表は「とても重要なスタートで、KAGRAの参加は今後の感度向上につながります。使われている技術も将来のイノベーションを先取りしたもので、非常に重要です」などとコメントしました。

kagra04.jpg

 また、これに先立ち行われた記者会見で、ホスト機関である山内正則・KEK機構長は「低温というキーワードにKEKとしても協力の余地があると期待していましたが、ここまで来るには大変な苦労があり、やっとスタートラインに着けました。大きな科学成果を見通し、今後も協力関係を深めていきます」。国立天文台の常田佐久・国立天文台長は「国立天文台は防振装置の開発を担当し、若い人たちの大変な努力のおかげでKAGRAが完成しました。今後は重力波天文学、マルチメッセンジャー天文学の推進で貢献していきます」などとコメント。共同研究機関である地元富山大の齋藤滋学長も「最もKAGRAに近い大学として、全体会議の会場提供などで今後も協力していきます」と述べました。

<リンク>
東京大学ホームページ(日本語英語)

国立天文台ホームページ
こちら(日本語)