広報室
Public Relations


【プレスリリース】135億年前の星形成の痕跡を発見!〜最遠の「老けた銀河」探査〜

 東京大学宇宙線研究所の馬渡健特任研究員(ICRRフェロー)=写真=らの研究グループは2019年9月10日、ろくぶんぎ座近くのCOSMOS天域において、宇宙年齢わずか3億年の時代に生まれたと見られる「老けた銀河」を三つ発見しました。この天体は、スピッツァー宇宙望遠鏡による近赤外線の観測だけで見えて、すばる望遠鏡(可視光)やアルマ望遠鏡(電波)では見えない銀河で、ビッグバン後10億年の比較的初期の宇宙に存在したにもかかわらず、すでに「老けた」銀河の特徴を持っていることがわかりました。銀河の星たちは宇宙年齢わずか3億年の時代に生まれたと推測でき、間接的な方法ながらも宇宙最初期の星形成のようすを初めて捉えた成果となります。

mawatari.JPG

 詳しくはこちらへどうぞ。