広報室
Public Relations


KAGRAのサファイヤ鏡4基が全て完成 最後の1基を公開

kagra.jpg

岐阜県飛騨市の神岡鉱山の地下に建設中の重力波望遠鏡(KAGRA)に使われるサファイヤの鏡4基が全て完成し、8月21日、最後の1基が報道関係者に公開されました。公開されたのは直径23センチの世界最大の高性能サファイヤ鏡で、空間の歪みをレーザー光線で計測するための「光共振器」の心臓部に使われます。日本国内のメーカーが制作したサファイヤの単結晶に、海外のメーカーが研磨、コーテテングを施しました。サファイヤ鏡は今年秋、KAGRA本体に設置される予定です。

詳しくはこちらへどうぞ