広報室
Public Relations


宇宙線研究所共同利用研究会「ガンマ線バースト研究の新機軸」

宇宙線研究所共同利用研究会
「ガンマ線バースト研究の新機軸」

【日程】 2017年11月21日(火)-23(祝)
【会場】 東京大学柏キャンパス 総合研究棟大会議室 [ アクセス ]
【主催】 東京大学宇宙線研究所、金沢大学
[ 研究会HP ]

宇宙で最も激しい爆発であるガンマ線バーストには、高エネルギー天体現象の未解決問題が凝縮されている。起源天体とその形成、相対論的ジェットの加速機構、ガンマ線放射機構、相対論的衝撃波と高エネルギー粒子の加速、磁場の増幅・散逸機構など、多くの取り組むべき課題が残されている。Fermi衛星の打上から既に10年近くが経過した今、偏光やTeVガンマ線などでの新たな観測的進展が期待されている。一方、計画中のHi-Z GUNDAMなどによる高赤方偏移バーストの観測は、始原宇宙の星形成を探る強力な手段となるであろう。さらに、短い種族のバーストは重力波源として期待されており、重力波天文学が始まったこのタイミングで、ガンマ線バーストの物理を再訪しておく必要がある。

この研究会では、基調講演と一般講演を通じて、多角的な視点からガンマ線バーストを中心とした天体爆発現象について議論し、次世代の天文学、特に重力波や深宇宙の観測で解明が期待できる物理・宇宙史について意見交換したい。活発な議論を通じて、今後のガンマ線バースト研究の新機軸を打ち出せればと考えている。

予算の枠内で、旅費の補助が可能です。
参加及び一般講演の希望者は、下記フォームに記入し、
asanok_at_icrr.u-tokyo.ac.jp (_at_は@に変換してください)
までお送り下さい。締切は2017年10月27日(金)とします。

===== 申込みフォーム ===================
1. 氏名 :
2. 所属 :
3. メールアドレス :
4. 旅費補助 : 希望する、希望しない
5. 講演希望 : 有、無 (口頭のみ)
6. 講演タイトル :
======================================

基調講演講師(仮)

井上進(理研)
樫山和己(東大)
木内建太(京大基研)
木坂将大(青学大)
郡司修一(山形大)
坂本貴紀(青学大)
澤野達哉(金沢大)
田中雅臣(国立天文台)
多米田裕一郎(大阪電通大)
當真賢二(東北大)
戸谷友則(東大)
新納悠(国立天文台)
守屋尭(国立天文台)
谷津陽一(東工大)
山崎了(青学大)
米徳大輔(金沢大)

SOC:
浅野勝晃(東大宇宙線研)、井岡邦仁(京大基研)、坂本貴紀(青学大)、山崎了(青学大)、米徳大輔(金沢大)

LOC:
浅野勝晃、衣川智弥、石崎渉(東大宇宙線研)