広報室
Public Relations


宇宙線研究所の石垣真史さんが平成26年度理学系研究科研究奨励賞を受賞しました

宇宙線研究所観測的宇宙論グループ大内研究室博士課程1年(受賞当時修士課程2年)の石垣真史さんが、平成26年度理学系研究科研究奨励賞を修士課程部門で受賞しました。石垣さんの受賞対象となった修士論文は「Probing the Cosmic Reionization with Hubble Space Telescope and Gravitational Lensing Effects」(関連論文はこちらからご覧下さい)で、2015年3月24日に行われた奨励賞授賞式にて賞状を受け取りました。

石垣さんは受賞に際して、「このような素晴らしい賞をいただき、大変光栄に思っています。修士論文の成果はまだこれで完成ではなく、日々最新のデータが出ている最中ですので、これからも引き続きこの研究に取り組んでいきたいと思います。」と抱負を述べました。石垣さんは博士課程に進学し、宇宙線研究所で研究に邁進されています。


博士課程1年(受賞当時修士課程2年)の石垣真史さん