広報室
Public Relations


【プレスリリース】丸い円盤銀河の出現時期は70億年前?

京都大学、東京大学、国立天文台の研究者からなるチームは、ハッブル宇宙望遠鏡の撮像データを解析することによって、丸い円盤銀河が出現した時期が赤方偏移0.9付近(宇宙年齢約60億年、現在から約70億年前)の時代であることを明らかにしました。銀河とは約1000億もの星の大集団ですが、現在の宇宙では大別して円盤銀河と楕円銀河の二つのタイプの銀河が存在しています。円盤銀河は丸い円盤構造を持ち、楕円銀河は膨らんだ楕円体構造を持っています。しかし、このような形態が宇宙の歴史の中でいつどのようにできたのかはまだよくわかっていません。本研究では、銀河の形を統計的に調べるというシンプルで直接的な手法によって、丸い円盤銀河が現れてきた時代が、約70億年前であることを明らかにしました。
この研究結果は2015年3月1日発行のアメリカ天文学会のアストロフィジカルジャーナル誌に掲載されました。

リリース文全文は京都大学プレスルームをご覧ください。

問い合せ先
 

・研究内容に関すること
 太田 耕司
   京都大学大学院理学研究科 宇宙物理学教室 教授
  Yuma, Suraphong(ユマ スラポン)
   東京大学 宇宙線研究所 観測的宇宙論グループ JSPS外国人特別研究員

・広報に関すること
 東京大学宇宙線研究所
 担当:林田 美里
 TEL:04-7136-5148
 E-mail:misato◎icrr.u-tokyo.ac.jp(◎を@にご変換ください)