広報室
Public Relations


報告書「天文学・宇宙物理学中規模計画の展望」が発表されました

第22期 日本学術会議 物理学委員会 天文学・宇宙物理分科会(委員長 観山正見)は、2013年時点での天文学・宇宙物理学の将来計画の検討状況を報告書「天文学・宇宙物理学中規模計画の展望」としてまとめ、発表しました。今後の天文学・宇宙物理学分野の将来計画の推進に役立つように作成されたものです。

本報告書では、2013年時点での天文学・宇宙物理学分野の中規模将来計画(総経費100億円未満で科学研究費など競争的経費では実現が難しいプロジェクト)が網羅され、それぞれの学術的価値や環境整備状況、課題などがまとめられています。

天文学・宇宙物理学中規模計画の展望(PDF 35.5MB)